HIROBA

ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

HIROBA

ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

    マガジン

    • HIROBA公式マガジン

      水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから』が更新されます。その他の記事も随時更新します。ぜひご購読ください。

    • 関取花 連載 「はなさんさん」

    • 松井五郎さんにきく、歌のこと(月2回更新)

    • HIROBA編集版 「阿久悠をめぐる対話を終えて」(全8回)

    • 〜阿部さんと水野くんの永遠会議〜

    記事一覧

    2020→2021 「前向きに」とかじゃない。

    予想もしない1年だった。 …というフレーズがまるで時候の挨拶みたいに、ありふれたものになっている。 「良いお年を」という言葉を誰かに画面越しで伝えながら、しんど…

    400
    HIROBA
    1年前

    松井五郎さんにきく、歌のこと 9通目の手紙「僕らは”われわれ”のことを書いている」水野良樹→松井五郎

    松井五郎様  また嵐がやってくる。  テレビでも散々にそう言っていましたし、市井においても、みんな口々にそんな話はしていましたから、重々わかっていたはずなのです…

    HIROBA
    1年前

    関取花 連載第27回「むくみが気になるお年頃」

    少し前、久しぶりにバラエティ番組の収録があった。普段テレビの中でしか見ない芸能人の方々に会うのは、いまだにとても緊張する。正直やっぱりオーラが違うのだ。芸人さん…

    HIROBA
    1年前

    松井五郎さんにきく、歌のこと 8通目の手紙「あなたが、あなたの言葉を手にするために」松井五郎→水野良樹

    水野良樹様  梢だけはいつもの年と変わらず秋の気配を湛えているのに、街は未だどこか重々しい空気に沈んでいます。水野君の書簡にあった、季節の移り変わりのグラデーシ…

    HIROBA
    1年前

    水野良樹×福里真一 茶会 ~日常の地続きをテレビCMのなかに。~

    水野:ご無沙汰しております。前回お会いしたのが、コロナが起こる今年の春前ぐらいですかね。タイ料理かなんかのお店で…。あれから数ヶ月で本当にいろんなことが起きたの…

    HIROBA
    1年前

    関取花 連載第26回「拝啓、グラノーラ様」

    フルーツグラノーラにハマっている。ここ数カ月はレコーディングやそれに伴う作業や打ち合わせ、初のエッセイ本発売など、ありがたいことに色々とやることが多く、正直あま…

    HIROBA
    1年前
    2020→2021 「前向きに」とかじゃない。

    2020→2021 「前向きに」とかじゃない。

    予想もしない1年だった。

    …というフレーズがまるで時候の挨拶みたいに、ありふれたものになっている。

    「良いお年を」という言葉を誰かに画面越しで伝えながら、しんどかったな、長かったなと思う。2020年って始まってたっけ?とさえ思う。始まらないまま終わってしまったような。時の流れは容赦なくて「お客様のご気分は預かり知らぬところでございまして、いただくものはいただきますよ」と、しっかり1年分の歳はと

    もっとみる
    松井五郎さんにきく、歌のこと 9通目の手紙「僕らは”われわれ”のことを書いている」水野良樹→松井五郎

    松井五郎さんにきく、歌のこと 9通目の手紙「僕らは”われわれ”のことを書いている」水野良樹→松井五郎

    松井五郎様

     また嵐がやってくる。
     テレビでも散々にそう言っていましたし、市井においても、みんな口々にそんな話はしていましたから、重々わかっていたはずなのですが、いざ実際に跳ね上がっていく感染者数、悪化していく医療現場の状況、それにともなって社会全体が憂鬱な雲に覆われていくこの感覚…それらを目にし、肌に感じると、どうにも戸惑ってしまうものです。

     春に緊急事態宣言が出された頃に巻き起こってい

    もっとみる
    関取花 連載第27回「むくみが気になるお年頃」

    関取花 連載第27回「むくみが気になるお年頃」

    少し前、久しぶりにバラエティ番組の収録があった。普段テレビの中でしか見ない芸能人の方々に会うのは、いまだにとても緊張する。正直やっぱりオーラが違うのだ。芸人さんもタレントさんも、みんなキラキラしている。街中で見かけたらきっと、すぐにただ者ではないことがわかるだろう。そんな人たちのところにしがないミュージシャンの私みたいな者がノコノコお邪魔させていただくわけだから、数日前からドキドキして落ち着かなく

    もっとみる
    松井五郎さんにきく、歌のこと 8通目の手紙「あなたが、あなたの言葉を手にするために」松井五郎→水野良樹

    松井五郎さんにきく、歌のこと 8通目の手紙「あなたが、あなたの言葉を手にするために」松井五郎→水野良樹

    水野良樹様

     梢だけはいつもの年と変わらず秋の気配を湛えているのに、街は未だどこか重々しい空気に沈んでいます。水野君の書簡にあった、季節の移り変わりのグラデーションさえ、日々更新される数字のせいで、暗色へ流れていくようにも思えます。コロナ禍のせいもあるのでしょうか、これまでの仕事とは変わってしまった加重に生活のペースを乱してしまい、返信の期日を守れず申し訳ありません。水野君はお変わりありませんか

    もっとみる
    水野良樹×福里真一 茶会
~日常の地続きをテレビCMのなかに。~

    水野良樹×福里真一 茶会 ~日常の地続きをテレビCMのなかに。~

    水野:ご無沙汰しております。前回お会いしたのが、コロナが起こる今年の春前ぐらいですかね。タイ料理かなんかのお店で…。あれから数ヶ月で本当にいろんなことが起きたので、そのなかで考えていらっしゃること含め今日はいろいろお伺いできたらと思います。まず僕、BOSSの『宇宙人ジョーンズ』シリーズのCMを拝見したのですが、すごく感動しました。

    福里:ありがとうございます。ジョーンズが地球人にアドバイスするや

    もっとみる
    関取花 連載第26回「拝啓、グラノーラ様」

    関取花 連載第26回「拝啓、グラノーラ様」

    フルーツグラノーラにハマっている。ここ数カ月はレコーディングやそれに伴う作業や打ち合わせ、初のエッセイ本発売など、ありがたいことに色々とやることが多く、正直あまりゆっくりご飯を食べている時間がない。しかし私は朝ご飯だけは絶対に食べたい派である。さてどうしようかと悩んでいたある日、スーパーのシリアルコーナーへ立ち寄った。

    すると、そこには結構な数のフルーツグラノーラが並んでいた。実家にいた時はよく

    もっとみる