HIROBA

ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

HIROBA

ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

    マガジン

    • HIROBA公式マガジン

      水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから』が更新されます。その他の記事も随時更新します。ぜひご購読ください。

    • 関取花 連載 「はなさんさん」

    • 松井五郎さんにきく、歌のこと(月2回更新)

    • HIROBA編集版 「阿久悠をめぐる対話を終えて」(全8回)

    • 〜阿部さんと水野くんの永遠会議〜

    記事一覧

    松井五郎さんにきく、歌のこと 8通目の手紙「あなたが、あなたの言葉を手にするために」水野良樹→松井五郎

    松井五郎様 かなり厚手の上着を羽織っていないと街を出歩けないような日も増えてきました。 夏から冬へのあいだに、なだらかなグラデーションとして色“暖か”にあるはず…

    HIROBA
    1年前

    関取花 連載第25回「結界を張った日」

    先日、一人でふらりと出かけた時のことである。その街は私の最寄り駅から電車で10分もしないで行けるところなのだが、服屋、雑貨屋、家電量販店、映画館など、一通りの店や…

    HIROBA
    2年前

    1週間ほどの休養をとった

    1週間ほどの休養をとった。 これまでも休みがなかったわけではないのだけれど、これまでの自分にとって休みとはつまり“作業ができる日”“考えることができる日”であっ…

    400
    HIROBA
    2年前

    「HIROBAビジネス」水野良樹×鶴岡裕太対談【後編】

    ~仮にまだ音楽という概念がなかったとして、今このタイミングで生まれたとしたら…~ 水野:すごく根本的な話なんですけど、インターネットで個人が力を持っていくこと、…

    HIROBA
    2年前

    「HIROBAビジネス」水野良樹×鶴岡裕太対談【前編】

    ~王将を取ることがゴールであって、目の前の歩と歩の戦いで勝つことは重要ではない~ 水野:今日は貴重なお時間をいただきましてありがとうございます。まず、すでにいろ…

    HIROBA
    2年前

    松井五郎さんにきく、歌のこと 7通目の手紙 「書く道具、書かれた道具」松井五郎→水野良樹

    水野良樹様  数字は未だ安心とは言えませんが、街は少しずつ日常を取り戻しつつあるようです。ただ、撤退せねばならなくなった店も目につき、空き家になったテナントのウ…

    HIROBA
    2年前
    松井五郎さんにきく、歌のこと 8通目の手紙「あなたが、あなたの言葉を手にするために」水野良樹→松井五郎

    松井五郎さんにきく、歌のこと 8通目の手紙「あなたが、あなたの言葉を手にするために」水野良樹→松井五郎

    松井五郎様

    かなり厚手の上着を羽織っていないと街を出歩けないような日も増えてきました。
    夏から冬へのあいだに、なだらかなグラデーションとして色“暖か”にあるはずの秋が、この頃はどうも簡単に飛び越えられてしまっているようです。これまで秋の名曲は数えきれないほどにあるわけですが、少し拗ねたように言ってみれば、ちょっと物語にしにくい季節になってしまったのかもしれません。

    いささかこじつけが過ぎるかも

    もっとみる
    関取花 連載第25回「結界を張った日」

    関取花 連載第25回「結界を張った日」

    先日、一人でふらりと出かけた時のことである。その街は私の最寄り駅から電車で10分もしないで行けるところなのだが、服屋、雑貨屋、家電量販店、映画館など、一通りの店や施設が揃っている。大きすぎず小さすぎず、規模感がちょうどいい。その感じが逆にお洒落な雰囲気を醸し出していて、雑誌などでもよく特集される結構有名な街である。

    その日は自宅での原稿仕事が思いの外はかどったので、たまのご褒美に晩ご飯でも食べに

    もっとみる
    1週間ほどの休養をとった

    1週間ほどの休養をとった

    1週間ほどの休養をとった。

    これまでも休みがなかったわけではないのだけれど、これまでの自分にとって休みとはつまり“作業ができる日”“考えることができる日”であったので、たぶん、世間一般の休みとは違ったのだと思う(たぶん、じゃないな)。これまで自分が「やすみ」という言葉を聞いてまっさきに思うのは「やった!作業ができる!」だった。

    なかなか理解されないと思うけれど、テレビやらラジオやらいわゆるPR

    もっとみる
    「HIROBAビジネス」水野良樹×鶴岡裕太対談【後編】

    「HIROBAビジネス」水野良樹×鶴岡裕太対談【後編】

    ~仮にまだ音楽という概念がなかったとして、今このタイミングで生まれたとしたら…~

    水野:すごく根本的な話なんですけど、インターネットで個人が力を持っていくこと、個人がエンパワーメントされていくことって、どういう価値を生み出すと思いますか? 意外とみんな詳しく分析したことってないなと。

    鶴岡:複数の見方があるかなと思っています。ドライなほうで言うと、これだけSNSが普及していくと、世の中がそうい

    もっとみる
    「HIROBAビジネス」水野良樹×鶴岡裕太対談【前編】

    「HIROBAビジネス」水野良樹×鶴岡裕太対談【前編】

    ~王将を取ることがゴールであって、目の前の歩と歩の戦いで勝つことは重要ではない~

    水野:今日は貴重なお時間をいただきましてありがとうございます。まず、すでにいろんなところで訊かれているとは思うのですが、こうして拡大している『BASE(ベイス)』というサービスの今の光景、普及率ってどれぐらいの時点で想像されていましたか?

    鶴岡:始めた時点では、こんなに多くの方に触れていただけるとは思っていません

    もっとみる
    松井五郎さんにきく、歌のこと 7通目の手紙 「書く道具、書かれた道具」松井五郎→水野良樹

    松井五郎さんにきく、歌のこと 7通目の手紙 「書く道具、書かれた道具」松井五郎→水野良樹

    水野良樹様

     数字は未だ安心とは言えませんが、街は少しずつ日常を取り戻しつつあるようです。ただ、撤退せねばならなくなった店も目につき、空き家になったテナントのウインドウが映し出す現実は、胸に迫るものがありますね。そこに集った人々はどこでどうしているのでしょうか。そこにはどんな歌が流れているのか?水野君の周囲も変化の時かもしれませんが、創作とどう向かい合っているのでしょうか?

     さて、貴重な画像

    もっとみる