HIROBA

ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

HIROBA

ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

    マガジン

    • HIROBA公式マガジン

      水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから』が更新されます。その他の記事も随時更新します。ぜひご購読ください。

    • 関取花 連載 「はなさんさん」

    • 松井五郎さんにきく、歌のこと(月2回更新)

    • HIROBA編集版 「阿久悠をめぐる対話を終えて」(全8回)

    • 〜阿部さんと水野くんの永遠会議〜

    記事一覧

    松井五郎さんとの往復書簡を終えて

    作詞家、松井五郎さんとの往復書簡企画が、10通目を区切りに一度終わった。 初回から約1年を通しての手紙のやりとり。 互いに10通ずつなので、重なった手紙は20通ほど。…

    400
    HIROBA
    1年前

    松井五郎さんにきく、歌のこと 10通目の手紙「最後の質問」松井五郎→水野良樹

    水野良樹様  この書簡もいよいよ最後になりました。この期間はそのままコロナ禍の一年と重なります。自由を奪われる形での自粛や延期に苦しい思いをしている仲間も多く、…

    HIROBA
    1年前

    関取花 連載第29回「どすこい VS 無人レジ」

    技術の進歩と時代の流れが合わさって、いよいよレジの無人化が本格的に進んできている。私がよく行くスーパーには、計6台の無人レジがある。それでもスペースは有人レジ2…

    HIROBA
    1年前

    松井五郎さんにきく、歌のこと 10通目の手紙「最後の質問」水野良樹→松井五郎

    松井五郎様 この手紙のやりとりも10通目になりました。 往復書簡として続けたこのやりとりは、新型コロナウイルスの感染拡大という未曾有の嵐のなかで交わされたもので、…

    HIROBA
    1年前
    松井五郎さんとの往復書簡を終えて

    松井五郎さんとの往復書簡を終えて

    作詞家、松井五郎さんとの往復書簡企画が、10通目を区切りに一度終わった。

    初回から約1年を通しての手紙のやりとり。

    互いに10通ずつなので、重なった手紙は20通ほど。松井さんも自分も字数制限などは設けず、自由に書き合ったので1通が数千文字の分量となることが常で、たぶん新書1冊分くらいの文字量にはなったかもしれない。

    普段、歌詞という、言葉数だけを見ればミニマムな世界での表現を主戦場にしている

    もっとみる
    松井五郎さんにきく、歌のこと 10通目の手紙「最後の質問」松井五郎→水野良樹

    松井五郎さんにきく、歌のこと 10通目の手紙「最後の質問」松井五郎→水野良樹

    水野良樹様

     この書簡もいよいよ最後になりました。この期間はそのままコロナ禍の一年と重なります。自由を奪われる形での自粛や延期に苦しい思いをしている仲間も多く、閉めざるをえなくなったライブハウス、職を変えなければならなくなった人たちも少なくありません。周囲がそんな状況の中で、この書簡を書く時間が、改めて「なぜ作るのか」を自身に問うた時間になったことは言うまでもありません。読み物として第三者がどれ

    もっとみる
    関取花 連載第29回「どすこい VS 無人レジ」

    関取花 連載第29回「どすこい VS 無人レジ」

    技術の進歩と時代の流れが合わさって、いよいよレジの無人化が本格的に進んできている。私がよく行くスーパーには、計6台の無人レジがある。それでもスペースは有人レジ2台分くらいだし、お店的には人件費もかからない。会計の流れもいたってスムーズだ。何かあれば無人レジの担当スタッフさんが駆けつけてくれるし、なるべく人と接触せずに過ごしたい昨今の状況を考えても、ありがたいなと思う点はたしかに多い。世の中に導入さ

    もっとみる
    松井五郎さんにきく、歌のこと 10通目の手紙「最後の質問」水野良樹→松井五郎

    松井五郎さんにきく、歌のこと 10通目の手紙「最後の質問」水野良樹→松井五郎

    松井五郎様

    この手紙のやりとりも10通目になりました。

    往復書簡として続けたこのやりとりは、新型コロナウイルスの感染拡大という未曾有の嵐のなかで交わされたもので、やがて振り返ったときに、この特殊な日々の空気を匂わせるものになっているのだと思います。まるでタイムカプセルのようで実は今から楽しみです。

    歌と同じように、こうやって人と人とが交わし合った会話もまた、長い時のなかで雪が降り積もるように

    もっとみる