HIROBA

ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

HIROBA

ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

    マガジン

    • HIROBA公式マガジン

      水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから』が更新されます。その他の記事も随時更新します。ぜひご購読ください。

    • 関取花 連載 「はなさんさん」

    • 松井五郎さんにきく、歌のこと(月2回更新)

    • HIROBA編集版 「阿久悠をめぐる対話を終えて」(全8回)

    • 〜阿部さんと水野くんの永遠会議〜

    記事一覧

    読む『小説家Z』 水野良樹×加賀翔 第3回:「ちょっとでもおもしろくなりたい」って気持ちが、いつのまにか仕事になっていた…

    「もうあんたは固定!お笑いでいってください!」 加賀:こんなこと水野さんに言うのは恥ずかしいんですけど。ポジティブないきものがかりさん、ずっと好きで。中学のと…

    HIROBA
    3か月前

    読む『小説家Z』 水野良樹×加賀翔 第2回:ひとの神輿を担いでいきたい気持ちが強くなった原体験。

    カメラマンとアシスタントのやり取り。 加賀:水野さんはフィクションというか、小説の主人公は自分じゃないし、自分の経験ではないことを書かれているじゃないですか。 …

    HIROBA
    3か月前

    読む『小説家Z』 水野良樹×加賀翔 第1回:親父から電話がかかってきて、「小説読んだで」って。

    コントを書くとき、台本は書かない。 水野:さぁHIROBA、小説家Zです。今日のゲストは初めての小説『おおあんごう』を出版された、かが屋の加賀翔さんにお越しいただきま…

    HIROBA
    3か月前

    そのことは金曜日に考えるから no.35

    金曜日になりました。 Opening 先週はこちらの「そのことは金曜日に考えるから」をおやすみして、公式YouTubeのほうで生配信をさせてもらいました。アーカイブも残してあ…

    HIROBA
    3か月前

    HIROBA公式YouTubeチャンネルにて。
    16時15分頃より、配信をします。

    ・サングラスを買った話
    ・大腸検査をした話
    ・臓器の歌をつくった話
    ・サングラスしているひとに3連敗した話
    ・どこのファンかって話
    ・てけ

    https://www.youtube.com/watch?v=hEpS-fvYEY4

    HIROBA
    3か月前

    ”さぼった金曜日のそのあとで”生配信(6月18日ざっくり夕方から)

    昨日はおやすみしたので… HIROBA公式YouTubeチャンネルで、夕方くらいに配信をしたいと思います。お暇な方は、ながら見でもしていただけましたら。 ↓YouTube公式チャン…

    HIROBA
    3か月前
    読む『小説家Z』 水野良樹×加賀翔 第3回:「ちょっとでもおもしろくなりたい」って気持ちが、いつのまにか仕事になっていた。

    読む『小説家Z』 水野良樹×加賀翔 第3回:「ちょっとでもおもしろくなりたい」って気持ちが、いつのまにか仕事になっていた。



    「もうあんたは固定!お笑いでいってください!」

    加賀:こんなこと水野さんに言うのは恥ずかしいんですけど。ポジティブないきものがかりさん、ずっと好きで。中学のときとか、ストレートに前向きなことを言うのって難しいと思うんですよね。避けがち。逃げちゃう。もちろん自分も斜に構えていた時期ありましたし。でも、王道のど真ん中で戦っているのが、すごくカッコよくて。そういう感覚があるので、自分もすかさないよ

    もっとみる
    読む『小説家Z』 水野良樹×加賀翔 第2回:ひとの神輿を担いでいきたい気持ちが強くなった原体験。

    読む『小説家Z』 水野良樹×加賀翔 第2回:ひとの神輿を担いでいきたい気持ちが強くなった原体験。

    カメラマンとアシスタントのやり取り。

    加賀:水野さんはフィクションというか、小説の主人公は自分じゃないし、自分の経験ではないことを書かれているじゃないですか。

    水野:はい。

    加賀:だから感動してしまったし、キツかったんですよ。エピローグ前の最終章とか、桜木がこう…。どこまで言っていいのかですけど。「あぁ…聞かずに…」というか、「どっちなの…!?」っていう。これが泣いてしまった。でもよかったな

    もっとみる
    読む『小説家Z』 水野良樹×加賀翔 第1回:親父から電話がかかってきて、「小説読んだで」って。

    読む『小説家Z』 水野良樹×加賀翔 第1回:親父から電話がかかってきて、「小説読んだで」って。

    コントを書くとき、台本は書かない。

    水野:さぁHIROBA、小説家Zです。今日のゲストは初めての小説『おおあんごう』を出版された、かが屋の加賀翔さんにお越しいただきました。よろしくお願いします。

    加賀:よろしくお願いします。かが屋の加賀と申します。凄まじいところに呼んでいただきました、本当に。

    水野:この番組は、僕のプライベートスタジオで収録しているんですけど。もう入って来るなり、加賀さんが

    もっとみる
    そのことは金曜日に考えるから no.35

    そのことは金曜日に考えるから no.35

    金曜日になりました。

    Opening
    先週はこちらの「そのことは金曜日に考えるから」をおやすみして、公式YouTubeのほうで生配信をさせてもらいました。アーカイブも残してありますので、だらだらとしゃべっているだけですが、よかったらお聴きください。

    40分くらい話したところで、愛犬のてけを連れてこようと思ったら、音声が切れてしまって。仕切り直したのがこちら。てけのかわいい感じをご覧になりたい方

    もっとみる

    HIROBA公式YouTubeチャンネルにて。
    16時15分頃より、配信をします。

    ・サングラスを買った話
    ・大腸検査をした話
    ・臓器の歌をつくった話
    ・サングラスしているひとに3連敗した話
    ・どこのファンかって話
    ・てけ

    https://www.youtube.com/watch?v=hEpS-fvYEY4

    ”さぼった金曜日のそのあとで”生配信(6月18日ざっくり夕方から)

    ”さぼった金曜日のそのあとで”生配信(6月18日ざっくり夕方から)

    昨日はおやすみしたので…

    HIROBA公式YouTubeチャンネルで、夕方くらいに配信をしたいと思います。お暇な方は、ながら見でもしていただけましたら。

    ↓YouTube公式チャンネルはこちらから↓
    ぜひ配信前にチャンネル登録をよろしくお願いします。