HIROBA

ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

HIROBA

ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

    マガジン

    • 関取花 連載 「はなさんさん」

    • 松井五郎さんにきく、歌のこと(月2回更新)

    • HIROBA編集版 「阿久悠をめぐる対話を終えて」(全8回)

    • 〜阿部さんと水野くんの永遠会議〜

    記事一覧

    そのことは金曜日に考えるから no.50

    金曜日になりました。 Opening 2022年、10月最後の金曜日となりました。 全50回にわたってお送りしてきました「そのことは金曜日に考えるから」も今回で最終回です。こ…

    HIROBA
    1か月前

    そのことは金曜日に考えるから no.49

    金曜日になりました。 Opening先週はおやすみをしてしまいましたが、今週は更新となります。 「そのことは金曜日に考えるから」。みなさんいかがお過ごしでしょうか? だ…

    HIROBA
    1か月前

    そのことは金曜日に考えるから no.48

    金曜日になりました。 Opening みなさん、体調お変わりないですか? 急に寒くなった1週間でしたね。もうびっくり。とてもじゃないけれど半袖で外を歩くのはつらいなーと…

    HIROBA
    1か月前

    小説家Z 水野良樹×青羽 悠 第4回:どこに行きたいかというより、どこに繋がっているかを知りたい。

    編集者の仕事って、調子に乗らせないこと。水野:するする書けすぎちゃうときってあります? 青羽:「行けてる!」ってなって、翌朝見返して、「ダメだぁ!」って。水野さ…

    HIROBA
    1か月前

    小説家Z 水野良樹×青羽 悠 第3回:共感を突き抜けて、ゲージを突破したい。

    流行との距離の取り方。水野:先輩面すると、自分が変わることから逃れられないという難しさがありますよね。 青羽:やはり。新しいものをやり続けないと。 水野:そう。…

    HIROBA
    1か月前

    小説家Z 水野良樹×青羽 悠 第2回:変わっていくのは、僕に課せられたルールであり、チャンス。

    チームで何かをするって初めての経験。水野:ファーストコンセプトをお書きになって、音楽を作るひとたちに渡すわけじゃないですか。で、返事が返ってくるじゃないですか。…

    HIROBA
    2か月前
    そのことは金曜日に考えるから no.50

    そのことは金曜日に考えるから no.50

    金曜日になりました。

    Opening
    2022年、10月最後の金曜日となりました。
    全50回にわたってお送りしてきました「そのことは金曜日に考えるから」も今回で最終回です。これにともなってHIROBAnote公式マガジンも、終了いたします。今まで、ご購読ありがとうございました。

    一方で、noteはこのまま残りますので、「あれ?なにが変わったんだろう?」という感じかもしれません。「そのことは金曜

    もっとみる
    そのことは金曜日に考えるから no.49

    そのことは金曜日に考えるから no.49

    金曜日になりました。

    Opening先週はおやすみをしてしまいましたが、今週は更新となります。
    「そのことは金曜日に考えるから」。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

    だいぶ肌寒くなってきましたね。なんか秋をすっとばして、いきなり冬になる感じというのが、ここ数年の自分の感覚なのですが、みなさんもそんな気がしませんでしょうか。あわててコートをひっぱりだしたりする数日です。

    さて、めでたいニュース

    もっとみる
    そのことは金曜日に考えるから no.48

    そのことは金曜日に考えるから no.48

    金曜日になりました。

    Opening
    みなさん、体調お変わりないですか?
    急に寒くなった1週間でしたね。もうびっくり。とてもじゃないけれど半袖で外を歩くのはつらいなーという感じの気候です。こないだしくじって半袖で家を出てしまって、渋谷でお仕事だったんですが、渋谷のユニクロに駆け込んで、フリースみたいな上着を買っちゃいましたよ。店員さんにその場でタグを切ってもらって「今から着ます!」みたいな笑。そ

    もっとみる
    小説家Z 水野良樹×青羽 悠 第4回:どこに行きたいかというより、どこに繋がっているかを知りたい。

    小説家Z 水野良樹×青羽 悠 第4回:どこに行きたいかというより、どこに繋がっているかを知りたい。

    編集者の仕事って、調子に乗らせないこと。水野:するする書けすぎちゃうときってあります?

    青羽:「行けてる!」ってなって、翌朝見返して、「ダメだぁ!」って。水野さんはどうですか?

    水野:するする行けるときは、ダメだってわかっているから、するする行こうとする。

    青羽:60点はできるみたいな?

    水野:いや、ちょっと違うかな。「今、行けてる感じだ!調子いいぞ!」ってなったときにこぼれるものもあるん

    もっとみる
    小説家Z 水野良樹×青羽 悠 第3回:共感を突き抜けて、ゲージを突破したい。

    小説家Z 水野良樹×青羽 悠 第3回:共感を突き抜けて、ゲージを突破したい。

    流行との距離の取り方。水野:先輩面すると、自分が変わることから逃れられないという難しさがありますよね。

    青羽:やはり。新しいものをやり続けないと。

    水野:そう。で、進化しているわけじゃなくて、退化する部分もあるから。それも含めての変化なので。だから毎回ガッカリしながら。

    青羽:どこにですか?

    水野:できてないなとか。わかりやすく流行りものの世界にいるので、如実に出るんですよ。自分の価値観が

    もっとみる
    小説家Z 水野良樹×青羽 悠 第2回:変わっていくのは、僕に課せられたルールであり、チャンス。

    小説家Z 水野良樹×青羽 悠 第2回:変わっていくのは、僕に課せられたルールであり、チャンス。

    チームで何かをするって初めての経験。水野:ファーストコンセプトをお書きになって、音楽を作るひとたちに渡すわけじゃないですか。で、返事が返ってくるじゃないですか。「思ってたのとちゃう!」…とは言えないと思うんですけど。自分がイメージしていたものが100%現像されてくるわけじゃなく、そのひとの完成が入ってくると思うんですよ。それはどうキャッチボールしたんですか?

    青羽:非常に難しかった。

    水野:ち

    もっとみる