マガジンのカバー画像

HIROBA公式マガジン

水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから』が更新されます。その他の記事も随時更新… もっと読む
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。HIROBAは『つくる、考える、つ… もっと詳しく
¥800 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

そのことは金曜日に考えるから no.35

金曜日になりました。 Opening 先週はこちらの「そのことは金曜日に考えるから」をおやすみして、公式YouTubeのほうで生配信をさせてもらいました。アーカイブも残してありますので、だらだらとしゃべっているだけですが、よかったらお聴きください。 40分くらい話したところで、愛犬のてけを連れてこようと思ったら、音声が切れてしまって。仕切り直したのがこちら。てけのかわいい感じをご覧になりたい方はこちらの方がいいかも笑。 クリエイティブディレクターの東畑幸多さんとの対談Q

スキ
8

”さぼった金曜日のそのあとで”生配信(6月18日ざっくり夕方から)

昨日はおやすみしたので… HIROBA公式YouTubeチャンネルで、夕方くらいに配信をしたいと思います。お暇な方は、ながら見でもしていただけましたら。 ↓YouTube公式チャンネルはこちらから↓ ぜひ配信前にチャンネル登録をよろしくお願いします。

スキ
8

読む『対談Q』 水野良樹×東畑幸多 第4回:最後は感動のストックが役立つし、人生的にもおもしろい。

自分が何に心を動かされるかを知る。 東畑:自分が何に心を動かされるかを知るって、楽しい行為というか、趣味として感動を集めていると思うんです。たとえばM-1で去年、錦鯉さんが優勝して、Twitterに「ライフ・イズ・ビューティフル」と書かれて、おじさんふたりで抱き合っているみたいな。ああいうものに感動する。パブリックイメージと違う姿が見えるというか。 水野:はい。わかります。 東畑:あと、宇多田ヒカルさんの最近のジャケットで、お子さんが見切れているみたいなものがあったんで

スキ
4

読む『対談Q』 水野良樹×東畑幸多 第3回:広告は賑わいを作るのが存在意義。

本物の笑顔はひとに力を与える。 水野: 僕、震災のときにJR九州の新幹線のCMを観て、思わず泣いてしまったんですね。で、東畑さんに会うので久しぶりに観たんですよ。やっぱり泣けるんですよ。状況が変わっても、自分の人生が変わっても、あるいは社会状況が変わっても、変化しない感動がある。あそこには普遍的な何かがある。 東畑:2回作れと言われても、作れないものってあるじゃないですか。いろんな偶然も重なって。それに近いものですね。ただ、本物の笑顔はひとに力を与えるんだろうと思います。

スキ
6

読む『対談Q』 水野良樹×東畑幸多 第2回:説明できないような3%を意図的に作っていく。

HIROBAの公式YouTubeチャンネルで公開されている『対談Q』。こちらを未公開トークも含めて、テキスト化した”読む”対談Qです。 今回のゲストはクリエイティブディレクターの東畑幸多さんです。 時代の後ろ側を歩くひとに寄り添う想像力。 東畑:企業広告をずっと作っているんですけど、少し前は、「時代を変える」とか、「世界を変える」とか。 水野:どーんと。 東畑:そうなんですよ。時代の先頭を走りたがっていたんですけど。今って大きな規模が信じづらい時代だなと思っていて。

スキ
7

読む『対談Q』 水野良樹×東畑幸多 第1回:ひとを思う時間がお金を思う時間より多くあるべき。

会社をやめるのはめちゃくちゃ怖かった。 水野:対談Qです。ひとつの「Q=問い」についてゲストの方に一緒に考えていただきます。今日は、クリエイティブディレクターの東畑幸多さんにお越しいただいています。よろしくお願いします。 東畑:よろしくお願いします。 水野:お会いするのが5年ぶりぐらいです。東畑さんが電通から独立されて。しかも新たな試みをスタートされたのを拝見して。ちょっと通ずる部分があるんじゃないかなと思ってお呼びしたんですけど。なんか…緊張しますね(笑)。 東畑:

スキ
11

そのことは金曜日に考えるから no.34

金曜日になりました。 Opening 金曜日になりました。梅雨に入りましたかね。雲行きがいつもよろしくない日々です。たまに日差しがこぼれると、嬉しくなりますね。 鈴木雅之さんの楽曲がCDリリースとなりました。 今回のパートナーであるSILENT SIRENのすぅさんと、ファーストテイクにも出演されています。 そして今夜はミュージックステーションに出演されるとのこと。 なんとマーチンさんは25年ぶりのMステだそうです。貴重!! TVアニメ「かぐや様は告らせたい」のシ

スキ
7

そのことは金曜日に考えるから no.33

金曜日になりました。 Opening 今週も金曜日になりました。 昼間、すごい雷雨でしたね。東京はゲリラ豪雨というやつでしょうか。雷がゴロゴロ鳴ってたな。いきなり降ってきたんでびっくりしました。みなさん、大丈夫でしたか? さて、鈴木愛理さんの新曲『ハートはお手上げ』がCDリリースされました。 TVアニメ「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」エンディング主題歌 です。作曲を担当しました。作詞は高橋久美子さん、編曲は本間昭光さん。 鈴木愛理さんは、同じ「かぐ

スキ
11

読む『対談Q』 水野良樹×柴田聡子 第4回:小さいものを、反転させたら、広い。

誰にもなれないけど、あっちも私になれない。 柴田:どんどん自分が小さくなっていく感じはしませんか? 歴史のなかの点にも満たない、すーごいチリ。 水野:それはどういう感覚なんですか? 柴田:すごーい小さい点だから、まぁ土の一個として、ちょっと役に立てばいいかなぐらいの抜け方というか。そうなると、生きていることとかも本当にこだわりがなくなってくるというか。 水野:はいはいはい。 柴田:今、自分に家族とかもいなくて、自由気ままにやっている。そうなると、この短い一生を、音楽

スキ
6

読む『対談Q』 水野良樹×柴田聡子 第3回:今、思春期かもしれない。

「受け止めるよ」っていう手のデカさ。 柴田:人間を超えていくひとって、いっぱいいるじゃないですか。 水野:そうそうそう。スーパースターの方って超えていっちゃう。 柴田:あれはもう人間の何かを脱ぎ捨てないとできない。 水野:『クリスマスの約束』という小田和正さんの番組があってですね。 柴田:はいはいはい、知っています。 水野:2009年に、みんなでメドレーをやる企画があったんですよ。そのとき初めての試みで。それぞれ自分の代表曲をメドレーで歌い合って、全員でコーラスし

スキ
3

読む『対談Q』 水野良樹×柴田聡子 第2回:私は人間をやめられないんですよね。

「これはいいかもよー!逃すなよー!」って瞬間。 水野:どこがいちばん嬉しいですか? 柴田:え? どこがいちばん嬉しい…。 水野:歌っていて、「うわ、めっちゃ泣いている」って嬉しいとか。歌っていて気持ちいいとか。作った瞬間が気持ちいいとか。喜びポイントみたいな。 柴田:難しい。いっぱいありますもんね。どうしようかな。でもやっぱりいちばん楽しいのは、「あ、すごい、いい曲ができそう!」みたいなそういう瞬間。 水野:予感がふわふわふわーって来る。 柴田:ありませんか? 「

スキ
6

読む『対談Q』 水野良樹×柴田聡子 第1回:私は今、歌うことにハマってきている。

ちょっと変な気持ちになりたい。 水野:さぁ、対談Qです。本日のゲストは、シンガーソングライターの柴田聡子さんです。よろしくお願いします。 柴田:よろしくお願いします。 水野:やっとお会いできました。 柴田:私も嬉しいです。ありがとうございます。 水野:きっかけを言うと、今までも、いろいろな方が柴田さんの曲を「いいよ」って言っていると思うんですけど。ある音楽番組で、僕が「後悔」という曲が好きだと生意気にも発言しまして。それを受けてTwitterとかで声をかけてくださっ

スキ
8

そのことは金曜日に考えるから no.32

金曜日になりました。 Opening なにか告知することあったっけな?という1週間です。 ずっと制作モノの仕事を続けています。それが本業なんですけれどね。 ほぼ犬のインスタをやっています。フォローしてね。 テケももうすぐ7歳です。我が家にきてくれてから7年経っても、いまだに毎日「なんでお前はこんなにかわいいのかね?」と言っています。本当に毎日、言ってまず。ガチで。自分の名前が「なんでお前はこんなにかわいいのかね?」だとテケが勘違いしてもおかしくないくらい、言ってる。

スキ
15

そのことは金曜日に考えるから no.31

金曜日になりました。 Opening 金曜日になりました。 今週のHIROBA【対談Q】は音楽プロデューサーの松尾潔さんにご登場いただきました。note版も更新されています。ぜひお読みください。 対談のなかでも話題にあがっていましたが、松尾さんと初めてしっかりとお話をしたのは震災直後の頃だったんですね。あれから10年以上が経ち、社会状況も変化しました。のっぴきならない決断を迫られる政治の季節にまた入ってしまいました。しかも、戦争にまつわる事柄が前面化するような、嵐のなか

スキ
12