マガジンのカバー画像

HIROBA公式マガジン

水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから』が更新されます。その他の記事も随時更新… もっと読む
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。HIROBAは『つくる、考える、つ… もっと詳しく
¥800 / 月
運営しているクリエイター

#関取花

「TOKYO NIGHT PARK」 関取花さん対談 HIROBA編集版 後編

HIROBAの連載「はなさんさん」でもおなじみの関取花さんを迎えたJ-WAVE「TOKYO NIGHT PARK」の対談。 映画主題歌として書き下ろした「あなたがいるから」と自身初となるエッセイ本「どすこいな日々」を通して語られる書くことの難しさ、そしてポジティブな変化とは? 前後編のHIROBA編集版としてお届けします。 【後編】らしさって、なんだろう。 水野 ここで、メールを一通ご紹介します。 ラジオネーム 七色さん よっちゃん、こんばんわ。考えてほしいこと。 それ

スキ
10
有料
400

メンター

座談会企画「HIROBA茶会」 水野良樹×高橋久美子×関取花 古く日本では戦国武将から文化人まで、それぞれの親睦を深めるために茶会を催したとか。英国では社交の基本に「tea party」があるとか、ないとか。 小難しいことはさておき、お酒が不得意なHIROBAの水野良樹が、どうやったら様々な分野の方々と交流がもてるのだろう。 「酒を酌み交わし、心を開いて本音を語ろうじゃないか」的な文化に、全然とびこめない水野が考えたのが「そうだ、茶をしばこう」。 お招きするのは水野がお仕

スキ
26

さよなら青春

座談会企画「HIROBA茶会」 水野良樹×高橋久美子×関取花 古く日本では戦国武将から文化人まで、それぞれの親睦を深めるために茶会を催したとか。英国では社交の基本に「tea party」があるとか、ないとか。 小難しいことはさておき、お酒が不得意なHIROBAの水野良樹が、どうやったら様々な分野の方々と交流がもてるのだろう。 「酒を酌み交わし、心を開いて本音を語ろうじゃないか」的な文化に、全然とびこめない水野が考えたのが「そうだ、茶をしばこう」。 お招きするのは水野がお仕

スキ
27

反抗期

座談会企画「HIROBA茶会」 水野良樹×高橋久美子×関取花 古く日本では戦国武将から文化人まで、それぞれの親睦を深めるために茶会を催したとか。英国では社交の基本に「tea party」があるとか、ないとか。 小難しいことはさておき、お酒が不得意なHIROBAの水野良樹が、どうやったら様々な分野の方々と交流がもてるのだろう。 「酒を酌み交わし、心を開いて本音を語ろうじゃないか」的な文化に、全然とびこめない水野が考えたのが「そうだ、茶をしばこう」。 お招きするのは水野がお仕

スキ
32

内にあるもの

座談会企画「HIROBA茶会」 水野良樹×高橋久美子×関取花 古く日本では戦国武将から文化人まで、それぞれの親睦を深めるために茶会を催したとか。英国では社交の基本に「tea party」があるとか、ないとか。 小難しいことはさておき、お酒が不得意なHIROBAの水野良樹が、どうやったら様々な分野の方々と交流がもてるのだろう。 「酒を酌み交わし、心を開いて本音を語ろうじゃないか」的な文化に、全然とびこめない水野が考えたのが「そうだ、茶をしばこう」。 お招きするのは水野がお

スキ
30

関取花連載『はなさんさん』

HIROBAではシンガーソングライターの関取花さんにコラム連載をして頂いています。すばらしい歌はもちろんのこと、ユーモアと機智に富み、そしてちょっぴりぐっとくるその文章にも注目の集まる関取さん。 ぜひこちらの連載もお読みください。 関取花(せきとり・はな) 愛嬌たっぷりの人柄と伸びやかな声、そして心に響く楽曲を武器に歌い続けているミュージシャン。NHK「みんなのうた」への楽曲書き下ろしやフジロック等多くの夏フェス出演、初のホールワンマンライブの成功を経て、2019年5月に

スキ
25

ネガティブか、ポジティブか。

座談会企画「HIROBA茶会」 水野良樹×高橋久美子×関取花 古く日本では戦国武将から文化人まで、それぞれの親睦を深めるために茶会を催したとか。英国では社交の基本に「tea party」があるとか、ないとか。 小難しいことはさておき、お酒が不得意なHIROBAの水野良樹が、どうやったら様々な分野の方々と交流がもてるのだろう。 「酒を酌み交わし、心を開いて本音を語ろうじゃないか」的な文化に、全然とびこめない水野が考えたのが「そうだ、茶をしばこう」。 お招きするのは水野がお

スキ
40