見出し画像

座談会企画「HIROBA茶会」水野良樹×山本彩 時代に流されない存在

古く日本では戦国武将から文化人まで、
それぞれの親睦を深めるために茶会を催したとか。
英国では社交の基本に「tea party」があるとか、ないとか。
小難しいことはさておき、お酒が不得意なHIROBAの水野良樹が、
どうやったら様々な分野の方々と交流がもてるのだろう。
「酒を酌み交わし、心を開いて本音を語ろうじゃないか」的な文化に、
全然とびこめない水野が考えたのが「そうだ、茶をしばこう」。

お招きするのは水野がお仕事やプライベートでつながりをもった方々。
毎回、茶会の主催である水野がエンタメにまつわるテーマを持ち寄り、
それをもとにざっくばらんにおしゃべり。
自由でリラックスした会話から、なにかの刺激やアイデアが生まれないか。
仕事とプライベートのあいだの、座談会企画。

第二回はオンライン飲み会ならぬ、オンライン茶会として、
楽曲提供でこれまで二度ご一緒している
シンガーソングライターの山本彩さんをお迎えしました。

一人で立つステージ

水野 「春はもうすぐ」や「愛せよ」でご一緒していますが、しっかりお話しするのは今回が初めてですよね。

山本 そうですよね。

水野 まだまだ大変な状況が続いていますが、どのように過ごされていますか?

山本 予定していたことができないのは残念ですが、その間に配信や制作に力を入れられたので、できたことはたくさんありますね。

水野 積極的に配信ライブもやられていますよね。

山本 そうなんです。

水野 聴いてくださる方たちにアクセスしていこうという姿勢がすごく見えますよね。

山本 ありがとうございます。この期間がいつまで続くかもわからないので「やろう!」と思ったときになるべく行動していきたいなと思っています。

水野 シンガーソングライターとしての活動を本格的に始められてから、卒業も経て、だいぶ意識も変わったと思いますが、ご自身としてはどんな変化を感じていますか?

山本 卒業して2年目の年になりますが、卒業する前は一人でやっていく自信が全くなくて。

この続きをみるには

この続き: 7,924文字
記事を購入する

座談会企画「HIROBA茶会」水野良樹×山本彩 時代に流されない存在

HIROBA

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
86
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。