見出し画像

『あれはきっと魔法使いのしわざだ』〜そして歌を書きながら(共同通信社連載)〜

2019年春から、共同通信社より各地方新聞社へ配信される水野良樹の連載コラム「そして歌を書きながら」(月1回)。こちらではそのコラムに加筆修正を加えたHIROBA編集版を、お届けします。


あれはきっと魔法使いのしわざだ

音楽番組のスタジオ。きらびやかな照明が司会席を照らしている。
小さい頃からテレビで見てきた有名芸人さんが司会をしていて、その隣にはこちらも毎日テレビで顔を見ない日はない人気アナウンサーが秒刻みで予定が組まれている生放送の番組進行を完璧にこなしていく。自分たちは舞台袖で待つ。

「CM明けに紹介VTRが流れますのでそのタイミングでいきものがかりさんは登場してください」

スタッフの方が説明してくれるが緊張でちゃんと聞いていない。段取り通りしなくてはと、頭で確認しているうちに時間が来て「もう出てください!」と急かされ、慌てて舞台に上がるのがお決まりのパターンだ。

この続きをみるには

この続き: 1,284文字
記事を購入する

『あれはきっと魔法使いのしわざだ』〜そして歌を書きながら(共同通信社連載)〜

HIROBA

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。