見出し画像

「TOKYO NIGHT PARK」HIROBA編集版 水野良樹×ハマ・オカモト Part 3

OKAMOTO'Sのハマ・オカモトさんを迎えて、
ついに実現した
J-WAVE「TOKYO NIGHT PARK」の対談。
2週にわたるオンエアに加えて
放送されなかった内容まで、
熱い言葉の数々を
全4回のHIROBA編集版としてお届けします。

Part 3 プロの仕事

水野 ここでメールを1通ご紹介します。

ハマ おお、ぜひ!

水野 今の話にもつながるなと思います。

ラジオネーム クリ拾いさん(24歳)
「考えてほしいことがあります。なんの仕事にもプロっていますけど、プロってなんだと思いますか?」

ハマ THE!の質問(笑)。水野さんも聞かれたことがあるんじゃないですか?

水野 うーん、こんなにストレートには…(笑)。

ハマ (笑)

水野 わからないな。どう思いますか?振っちゃった(笑)。

ハマ 僕が聞かれたときに答えたのは「プロと、そうじゃない人の違い」というか。プロは模範になる人、真似される側。

水野 おお!

ハマ オリジネーターよりも、その真似をした人のほうが有名になるイメージがあって。本当に最初にやった人は、実はまわりがそのすごさに気づいていないというか。

水野 なるほど!

ハマ 本当のプロは、常に真似される側にいる。常にお手本になる。そういう印象ですね。プロとは何かとはっきりは言えないですけど、真似されるのがプロ。

水野 すごく高いハードルですよね。

ハマ そうですよね。本物を見ているとそう感じますよね。

水野 ないですよね。真似されること。

ハマ 言葉を変えると「憧れられる」とか、そういうことですよね。音楽を始めた頃って、憧れて真似して…演奏も、人によっては服装や髪型まで。

水野 はい。

ハマ そうさせるのがプロの仕事なんじゃないかな。24歳、どストレートな質問で…。

水野 社会に出て迷う頃でしょうね。

ハマ ああ、そうですよね。定義がないですもんね。

水野 プロか…なんだろう。影響力を与える、憧れられる。ゼロイチのゼロのほう、ボケとツッコミだとボケのほうというか。

今はよく言われるけど、ツッコミ社会じゃないですか。何か起きたことにリアクションするのは得意で SNSは大喜利状態。いかに気の利いたことが言えるか。でも、何かを起こす側の人は少ない。

ハマ そうですね。

水野 自分のことを話すのは難しいですよ。

ハマ うーん。

水野 いきものがかりも最初は友達でした。部活動みたいな感じで。だんだん周囲に人が増えていくじゃないですか。助けてくれる人というか。

ハマ そうですね。

水野 フェーズが変わってきて「自分のためだけではない部分」を感じたときに、プロだなと思いましたね。

ハマ ああ、なるほど。

水野 大部分は自分のためです。歌をつくって褒められたらうれしいし。でも、自分のためだけじゃないと思う瞬間がたくさんあるし、そうじゃないとやっていられない瞬間もある。それがあるかないかで…けっこう違うのかなと。

ハマ 確かにそうかもしれないですね。

水野 活動休止する前はそんな話をよく吉岡(聖恵)ともしました。

ハマ へー!

水野 3人でいきものがかりを始めて、ありがたいことに多くの人が助けてくれたがゆえに「このグループ、自分たちだけのものじゃないね」という感じになって。いろんな人が愛をもって仕事をしてくれる。だから頑張らなきゃと。

ハマ そうですよね。

水野 バランスをとるのは難しいですね。そういうことを経て、多少はプロに近づいていくのかなと。

ハマ 責任もありますしね。周りの人たちの声を取り入れすぎて、壊れてしまうというか。

水野 はいはい。

ハマ 僕が19歳か20歳くらいのときに、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテが脱退して…好きなバンドのメンバーが脱退するって初めてのことで。

水野 けっこうな衝撃ですよね。

ハマ 「ジョン・フルシアンテは他の3人と年齢も離れているし…」なんて勝手に想像して。でも、彼の声明が「もう、人のために音楽をつくりたくなくなった」と。

水野 おお、なるほど。

ハマ 「自分のために音楽をつくりたい」という理由が、忘れられなくて。メンバー間の軋轢だとか、そんなことだろうと考えていたら…。あれほどのスターで、ギターヒーローであっても責任やプレッシャーを感じるのかという衝撃ですよね。

水野 うーん。

ハマ 自分がデビューして人前に立つようになっても、いまだに思い出します。同時に、彼の感覚が少しわかる瞬間もある。自分を苦しめる瞬間というか。常にバランスをとっていないと難しい。

水野 いきものがかりは歌ものでボーカルの比重が大きい。お客さんはボーカルをまっすぐに見ています。

ハマ はい。

水野 シンガーソングライターなら、自分でつくった曲を自分で歌って注目が集まるじゃないですか。

ハマ そうですね。

水野 いきものがかりの場合は自分が書いた言葉を違う人が歌って、その人に注目が集まる。僕と山下(穂尊)はお客さんではないし、ステージ上に立っていて見られてもいる。なんか中間にいるというか。

ハマ 確かに(笑)。客観視できる瞬間がありますよね。

水野 届ける側であり、聴く側でもある。

ハマ 水野さんの立場は、本当にそうでしょうね。

水野 変な感覚です。真ん中、つまり注目が集まっているところって怖いですね。センターステージに行けない(笑)。

ハマ 「視線が刺さる」とよく言いますけど、そういう感じはありますもんね。

水野 見ている景色は吉岡と同じではないと思います。

ハマ そうか、同じステージに立っていても。

水野 うーん。

ハマ つまり、「プロも『プロとはなんだろう』と考えていますよ」ということですね(笑)。

水野 (笑)まさに!60代、70代のレジェンドの方々に聞いたら、全然違う答えが返ってきそうだし。

ハマ そうですね。

水野 僕らが立っている地点から、何周もしていて。

ハマ そうでしょうね。

水野 ずっと考えているのかもしれない。考え続けることも、プロとして大事な在り方かもしれないですね。

ハマ そう思います。

(つづきます) 

次回:Part 4 「何か一緒にやりたいですね」が叶う日
前回:Part 2 次のフェーズの距離感

画像1

ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)
1991年生まれ。ベーシスト。
4人組バンドOKAMOTO’Sの活動のほか、
数多くのアーティストのレコーディングや
ライブサポートでも活躍。
Twitter 
Instagram
OKAMOTO‘S オフィシャルサイト

Text/Go Tatsuwa

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。2019年春からスタートした水野の個人メディアHIROBA(http://hiroba.tokyo)の記事の他、水野良樹の公式SNSとしても機能します。HIROBAや水野個人の活動に興味をもって、ご支援してくださる方は、ぜひご購読ください。

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
21
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。