HIROBA
読む『対談Q』登坂淳一さん(アナウンサー)「どうしたら”冷静”でいられるのか?」前編①
見出し画像

読む『対談Q』登坂淳一さん(アナウンサー)「どうしたら”冷静”でいられるのか?」前編①

HIROBA

HIROBAの公式YouTubeチャンネルで公開されている『対談Q』。こちらを未公開トークも含めて、テキスト化した”読む”対談Qです。

今回のゲストはアナウンサーの登坂淳一さん。

やっと会えた!

水野:対談Qの時間です。今日のゲストはアナウンサーの登坂淳一さんです。よろしくお願いします。初めまして。

登坂:よろしくお願いします。初めまして。

水野やっと会えました!嬉しい!

登坂:はは(笑)

引き01

水野:デビューした当時、いやもっと前ですかね、ニュース番組に出られている姿を拝見して。登坂さんのファンの方は結構やることだと思うんですけど、登坂さんが画面上に現れると、Twitterで「麿(まろ)」ってつぶやいてしまうタイプのファンで。

登坂:光栄です。すごく嬉しいです。僕NHK時代に、スタッフから「いきものがかりが登坂くんのファンだって言ってたよ」って。でもいきものがかりって3人いらっしゃって。3人とも?とか考えたりしたんですけど。水野さんだったんですね。

登坂さん01

登坂淳一
1971年生まれ、東京都出身。
1997年、NHK入局。18年、NHKを退社しフリーに転向。
2021年4月末、第1子となる女児が誕生。同年10月に「イクメン オブ ザ イヤー 2021 芸能部門」も受賞している。

水野:いや、3人ともですよ。お昼の真面目なニュースをやられていて。あまり表情を変えない登坂さんのイメージでずっと観ていたら、ある時期、北海道放送局に異動されて。

登坂:そうですね。

水野:北海道では音楽番組もやられていて。その番組のホームページを見たら、今までスーツだった登坂さんがカジュアルな格好をしていて。北海道では弾けた登坂さんが見られるぞと!

登坂:ははは。

水野:吉岡と「何が起きたんだ!」と(笑)今日はお会いできて嬉しいです。

登坂:なんでも聞いてください。

水野:今日のテーマですが、登坂さんをテレビで観たとき、みなさんまず思われたのが「なぜあのひとは、表情を崩さないで上品な佇まいのままずっといられるのか」だったと思うんですね。

登坂:ああ、はい。


どうしたら”冷静”でいられるのか?


水野「どうしたら“冷静”でいられるのか?」を、今日のテーマにしてみたいんですけど。

登坂:たしかに担当していたのがニュース番組だったというのもあって、まさに冷静さが求められて。でも、最初からそうだったわけでは決してないんですよ。

水野:はい。

登坂地震が起きました、事件が起きました、何か良いことがあったときも、普通にバクバク、ドキドキはするんですね。でもそのままで喋り出すと、早口になってしまったり、うまく伝わらなかったり、そんな苦い失敗が若いときにあって。

水野:ええ。

登坂:若い頃、先輩に「とにかくまずは自分が落ち着くことだ」と。何かあったときもそうですけど「その場でいきなりできたりはしないから、ちょっとずつ意識していく」というようなアドバイスをしてもらって。頭のなかではすごく興奮しているんですけれども、見た目にはそれが出ないように、そういう意識はしていたんです。

水野:研修とかで教わるものなんですか?

登坂:いや、研修では全然、教わらないですね。たまたま若いときに参加した、緊急報道の勉強会みたいなものだったと思います。それぐらいかな。

水野:そういうものなんですね。

登坂:ええ。でもいきなりできたわけでは全くなくて。何か起きているときは、内心はドキドキしていますし、「どうなるんだろう」って思っているんです。でも、それが顔に出ると視聴者に「先行きが大変なんじゃないか」と思われるのも、どうかなと思うので。表情には出さないとか。

水野:ご自身が出られた番組とかニュースは観返したりされるんですか?

登坂:若いときは、自分が放送を担当しているときに地震などが起きたら、その録画を観て、チェックしていました。やっぱりドキドキするから、体が動いてしまったりするんですね。

水野:なるほど。

登坂映像だと、急な動きってすごく目立つんですよ。ゆっくり動くほうが自然に見えるじゃないですか。だから、たとえば視線を、カメラが変わったからといって急にビュッと動かすと、ものすごく「何かが起きた」みたいに見えてしまう。だから、一個の動作をゆっくりにするっていうのを気を付けています。

不自然な感じを自然にやる


水野
:でも普通は、ひとって、自然と体が動いちゃうものじゃないですか。その自然に背くって…。

登坂「不自然な感じを自然にやる」っていうのがテーマだったんですよ。

水野:“不自然”を自然に。

登坂:みなさん、イメージで、もしかしたら家でもずっとスーツなんじゃないかとか。なんなら寝るときもスーツじゃないかとか(笑)言われたりすることがあったんですけど、そんなわけはなくて。

水野:ははは。

登坂:あれが僕という人間だったら、とっても大変ですね。あれは、当時やっていたニュースのキャスターとしての“仕様”というか、それ用のスタイルだったんです。

水野:そのニュースの仕様に切り替わるのはいつの瞬間ですか? 本番のスタートの時ですか?

登坂:いや、朝、局に行って、メイクをしているときにだんだんと気持ちが切り替わっていくっていうのはあるんですよね。

水野:いきなりパチンじゃないんですね。

登坂:ええ。徐々に。メイクして、少し切り替えて、それでニュースセンターに行くんですけど、そのぐらいの、もう部屋に行くな~ってときに「よし今日も頑張ろう」みたいな。

水野さん01

水野:すごい素人質問なんですけど、どこで雑談とかをするんですか? メイクのときは雑談してます?

登坂:メイクのときはわりとメイクさんと話しています。

水野:でも、だんだんとそのモードになっていく。たぶん僕は、あのニュースの登坂さんに話しかけられないと思うんですよ。声をかけられないというか。

登坂:そうですよね。もちろん本番中のあの瞬間はオンエアですので、集中して完全にあのモードに入っていますけれども。そこの前とか、終わった瞬間とかは、もう普通に戻りますので(笑)

水野:はい。

前編②につづく…


HIROBAでは公式YouTubeチャンネルを開設しています。ぜひチャンネル登録よろしくお願いいたします。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。HIROBAは『つくる、考える、つながる』を楽しむ場をつくりだす実験的プロジェクトです。様々なゲストの方々との対談、創作が、発表されていきます。HIROBAや水野良樹個人の活動を、ご支援してくださる方はぜひご購読ください。

水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
HIROBA
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。