見出し画像

「TOKYO NIGHT PARK」 長谷川白紙さん対談 HIROBA編集版 前編

シンガーソングライターの長谷川白紙さんを迎えた
J-WAVE「TOKYO NIGHT PARK」の対談。
長谷川さんの作品に息づく“混沌”が、混沌のまま成立しているのはなぜなのか?
その背景についてじっくりと伺いしました。
頭をフル回転してオーバーヒート寸前の内容を
前後編のHIROBA編集版としてお届けします。

【前編】ポップスとして成立させるために必要な軸
水野 長谷川さんとお話しするのは今回が初めてになりますね。よろしくお願いします。

長谷川 ありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします。

水野 長谷川さんご自身の言葉を聞くことができる機会はあまり多くないイメージがあります。

長谷川 そうかもしれないですね。

水野 貴重な機会をいただき、うれしいです。

長谷川 ありがとうございます。

水野 ちょっと緊張してしまいまして(笑)。

長谷川 (笑)

水野 長谷川白紙さんは2016年にSoundCloudに作品を公開してネットを中心に話題を集め、10代最後となる2018年には初CD作品「草木萌動」をリリースされました。

長谷川さんのサウンドに惹かれている方も大勢いると思いますが、そんな中で2020年5月に弾き語りカバー集「夢の骨が襲いかかる!」をリリース。現在は音大で学びながらソロアーティストとして活動されています。

長谷川 はい。

水野 今、弾き語りというサウンドを削ぎ落としたスタイルの作品をつくるのはどういった理由からだったのでしょう?

長谷川 単純に歌うのが楽しくなってきたというか。

水野 ああ、そうなんですね。

長谷川 自分で歌うことで、音色をコントロールするバリエーションが以前よりも増えてきて、それが楽しいですね。

水野 なるほど。「草木萌動」やその他の作品を聴いて、歌が中心の一元的な作品というよりは、全ての要素がそれぞれ多元的に存在しているようなサウンドだと思いました。「歌がなくても成立する音楽もつくれる方なんじゃないか」と思ったりもして。ご自身の歌声にこだわるのはどういう理由なのかなと。

長谷川 自分が歌うことで(作品を)ポップスとして成立させようとしている大きな理由は、ポップスという形態が最も多くの要素を無節操につなぐことができると思っているからです。

水野 はい。

長谷川 自分で歌うということが私にとって一番強力な接着剤のようなもので、どれだけ変なことをしていても自分で歌っていれば、それを構造化できるという意識があります。

水野 構造化したいという気持ちはどこからくるものでしょう。

長谷川 私が今使った構造化という言葉は、様式や形式のつじつまを合わせるというニュアンスが近いですね。                        世の中には脈絡が全くなく散らかっていく音楽もたくさんあると思います。そういう音楽を聴いているとすごく楽しいですが、逆に多様性を認識できない瞬間が訪れてしまうんですよ。

水野 なるほど。

長谷川 筋が通っていないと「いろいろある」ということが認識できないんですよね。個人的には「いろんなものがそのままある」とか「どちらでもなかったり、どちらでもあったり」という状況が好きなので、それをパッと全部認識する、つまり、より精度を高く混沌というものを実現するためには、共通のテーマというか、何かを通す軸が必要だと思っています。

水野 基準というか軸というか。

長谷川 そうですね。それが私にとっては歌だったと。

水野 僕は音楽理論的なことは疎くて全然わからないですけど、「この混沌が成立しているのはなぜだろう」と思ったんですよね。サウンドが混沌としていて複雑すぎて、生身で受けたら情報量を処理できないなと思って聴いていました。

長谷川 はい。

水野 ただ長谷川さんの作品が他と違うのは、そこに統一性があることで「この混沌を混沌のまま成立させているものはなんだろう」と思ったんです。それが長谷川さんの作品のすごさなのかなと、わからないなりに感じたんです。ご自身の歌がキーポイントになっているということなんですね。

長谷川 そうですね。とっても重要なポイントだと思います。


この続きをみるには

この続き: 3,444文字
記事を購入する

「TOKYO NIGHT PARK」 長谷川白紙さん対談 HIROBA編集版 前編

HIROBA

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
17
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。