見出し画像

【後編】音楽文化と社会の結びつき

「TOKYO NIGHT PARK」柴那典さん対談 HIROBA編集版

水野 話題が変わりますが、柴さんはなぜ音楽ジャーナリストの道に進んだんですか?こういうことを聞く機会はなかったのですが。

 あくまで僕の定義ですが、音楽ライターの仕事と音楽ジャーナリストの仕事を分けて考えているところがあります。

水野 なるほど。

 音楽ライターになったのは間違いなく雑誌「ロッキング・オン」に就職したのがきっかけです。アーティストが新作に込めた思いなどを取材したりライブをレポートする。つまりアーティストの表現ありきで、それを題材にいろいろなことを語っていくのが音楽ライター。

水野 はい。

 僕が音楽ジャーナリストと言い始めたのは2010年くらいからです。音楽業界、音楽カルチャー、音楽シーンのようなものが社会の中でどのように扱われているか、社会にどんな影響を与えているのかを取材して発信していく。まさに「ヒットの崩壊」を書くうえでの最初のポイントでもあります。そこに関して問題意識を持ち始めたのが最初ですね。

水野 問題意識を持ち始めたきっかけは何だったんですか?

この続きをみるには

この続き: 5,912文字 / 画像1枚
記事を購入する

【後編】音楽文化と社会の結びつき

HIROBA

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
19
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。