読む『対談Q』 世武裕子さん(映画音楽家)後編②(未公開トーク)
見出し画像

読む『対談Q』 世武裕子さん(映画音楽家)後編②(未公開トーク)

HIROBAの公式YouTubeチャンネルで公開されている『対談Q』。こちらを未公開トークも含めて、テキスト化した”読む”対談Qです。

今回のゲストは映画音楽家の世武裕子さん。
10月28日発売の『OTOGIBANASHI』にて「哀歌」という楽曲をサウンドプロデュースしてくださっています。水野良樹とは、なんと同い年。はからずも同級生対談となった2人のトークは、笑顔が絶えない明るいトーンのまま、さりげなく深いところまでたどり着きます。

前回のつづきから↓

読む『対談Q』世武裕子さん(映画音楽家)


水野:(『OTOGIBANASHI』収録の「哀歌」について)僕、アレンジを振るときにドキドキしてましたもん。嫌って思わないかなとか。

世武:え、その嫌の理由は何ですか?

水野:持っている価値観が違いすぎるって思ったりしないかなと。最初はわからないじゃないですか。「そういう価値観で君がいるなら、私はやれない」っておっしゃるかもしれないって思ったんですよ。そのときには一緒にできないよなぁって。だけど話したときに、完全に「できる」って思った

世武:そこの段階で気づくのすごいですね。

水野:でも空気でわかりません?

この続きをみるには

この続き: 2,406文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。HIROBAは『つくる、考える、つながる』を楽しむ場をつくりだす実験的プロジェクトです。様々なゲストの方々との対談、創作が、発表されていきます。HIROBAや水野良樹個人の活動を、ご支援してくださる方はぜひご購読ください。

水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。