ある企画が始まる前に、語っておきたいこと①-無意味から、意味を見出す。それがたぶん”人間らしい”ということじゃないか。
見出し画像

ある企画が始まる前に、語っておきたいこと①-無意味から、意味を見出す。それがたぶん”人間らしい”ということじゃないか。


HIROBA 

玄関を出れば、無秩序に音が鳴っている。
自動車のエンジン音だったり、子どもの声だったり、近くの線路を電車が通ったときのゴーーっという低音だったり、虫の鳴き声だったり、コンビニの自動ドアが開くときのチャイムだったり…。それらはとりとめもない。どこからはじまって、どこまでで終わるかみたいな区切りも判然としない。だれかが鳴り止むまえに、だれかが鳴り始めていて、ずっとぐちゃぐちゃと。うごめいている。

その一連のなかで、意味をもつ、音がでてくる。
正確に言うと、こちらが”意味を見出す”、音が出てくる。

たぶん、外で自分の名前を呼ばれたら、振り返ると思う。
ほぼ無限にある音のなかで、人間の声で(まぁ、機械の声でもいいんだけど)「み」「ず」「の」と発音されたら、それは自分にとって意味を見出せる音だから、「ああ、自分のことを呼ばれたんだ」と思って、振り返る。

たぶん、自分の曲が流れたら、振り返ると思う。
ほぼ無限にある音のなかで、音高を表現できるなにかの音(あるいは声)で、自分の曲の旋律が、ある一定の長さ、その通りに辿られたら、「ああ、俺の曲だ」と思って、振り返る。

ほぼ無限にある音のなかで。
どこまでが音楽で、どこまでが音楽じゃないか。
どこまでが言葉で、どこまでが言葉じゃないか。
音楽とされているもの(言葉とされているもの)と、音楽とされていないもの(言葉とされていないもの)との境界は、いつも曖昧で、絶対的ではなく、そのときどきの認識をつかさどる者の恣意性に委ねられている。

無意味から、意味を見出すのが、人間にとってとても基礎的で、重要な能力なのではないか。あるいは、人間が人間らしくいるための”すべ”なのではないか。

そんなことをずっと考えている。

夜空に無秩序に散らばっている星空を見て。
そのあいだに線を引く。そして、なにかの”かたち”を見出して、あれは「射手座」だね、と言ってみたりする。

それが、人間らしい行為の本質なのではないかと、思っている。

無意味から、意味を見出す。


画像1

この続きをみるには

この続き: 1,177文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。HIROBAは『つくる、考える、つながる』を楽しむ場をつくりだす実験的プロジェクトです。様々なゲストの方々との対談、創作が、発表されていきます。HIROBAや水野良樹個人の活動を、ご支援してくださる方はぜひご購読ください。

水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。