HIROBA
そのことは金曜日に考えるから no.11
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

そのことは金曜日に考えるから no.11

HIROBA

金曜日になりました。

毎週、金曜日に更新される水野良樹の長文コラム『そのことは金曜日に考えるから』。HIROBA公式マガジンをご購読頂くと、全文がお読み頂けます。

Spotifyで『そのことは金曜日に考えるから』プレイリストをつくりました。コラム内でセレクトした楽曲を、ここにリストアップしていきます。ぜひ金曜日の夜長のおともに。


Opnening


12月になってしまいましたね。自分は誕生日が12月にあるので、いつも12月が1年の基準ラインになります。ここで、区切るというかね。ああ、また1年終わるんだなと。もちろん大晦日だったり、そういう年末の数日間も、その区切りを感じるんですけれども、やはり年齢を重ねるときのほうが、この1年間を考え直しますよね。もうすぐ39歳。30代最後の1年に入ります。

さて、12月になる直前の11月30日にこちらの本が出版されました。

約2年半前より、共同通信社から「そして歌を書きながら」という連載エッセイを配信していました。全国各地の地方新聞で掲載されています。こちらが新潮社さんから単行本として出版されることになりました。

今回もたくさんポップを書きました。

単行本だけの加筆エッセイもいくつか書きました。ちょうど原稿の締め切りが、山下の脱退を発表する頃だったんです。もちろん新潮社の編集者さんはそのことを知らなくて。当初は違うことを書こうと思っていたんですけれど、発表が近づくにつれて(=締め切りが近づくにつれて)、やっぱり山下のことや、いきもののことで頭がいっぱいになっちゃって笑。

それ以外のことをしれっと書くのも違うなと思って。メンバーの脱退という、こんな、まれな時間を過ごすことも2度とないわけだから、ちゃんと書き記しておこうと思って、ストレートに書いてみました。ちょっとだけ締め切りを過ぎて届いた原稿を見て、編集者さんは驚いたと思いますけど。脱退のことを書いてる!って笑。

この2年半は、コロナ禍もあって、誰にとっても予想のできない2年半だったと思うんですよね。あとから思い起こすであろう2年半だと思うんです。

非日常が日常になっていく日々でしたからね。みんながマスクをして、アルコールスプレーをして、感染者数を気にして、対面での会議は無くなり、飲み会も無くなった。ライブだってできなくなって。少しずつ落ち着いてきたと思ったら、また逆戻りすることも何度もあったし。これからもわかりませんよね。

そういう2年半に書いたエッセイなので、皆さんも、ご自身の2年半と照らし合わせながら読んでいただけたら嬉しいです。ぜひお読みください。

彼もよろこびます。

さぁ、はじめましょうか。今週も。よろしくお願いします。

この続きをみるには

この続き: 2,944文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。HIROBAは『つくる、考える、つながる』を楽しむ場をつくりだす実験的プロジェクトです。様々なゲストの方々との対談、創作が、発表されていきます。HIROBAや水野良樹個人の活動を、ご支援してくださる方はぜひご購読ください。

水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
HIROBA
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。