見出し画像

本を読むよりも、映画を見るよりも、息子をどう叱ったらいいか、考えています。


本を読むよりも、映画を見るよりも、息子をどう叱ったらいいか、考えています。

3歳児、やんちゃざかり。
なかなか外にも出られない状況ですから、有り余ったパワーを家庭内で爆発させています。習い事もオンライン授業(今どきですね、ほんとに)になって、昨日もその日だったんですが、椅子に座ってられません。一生懸命あやしてくれる画面の先生に向かって「やだー!」と叫ぶ始末で、叱らなきゃならんと思うわけですが、これもなかなか塩梅が難しい。3歳だから無理もないんです。だが、やきもきはするわけです。こちらも感情的になって苛立ちが全面に出てしまって、泣き顔になったところで冷静になって自己嫌悪になったり。

ちょっと親が怒鳴ったりしたのを覚えているんですね。
そのまま風呂場で同じセリフをこっちに叫んだりするんです。

ああ、いけないなと。こんなふうに怒ってしまっているんだ。と。
結局、息子に教わっている感じというか。気づかされますね。

そもそも人を叱れるような立派な人間か、お前は。と反省したり。
当たり前ですが息子のほうがよっぽど正直でまっすぐで、たぶん僕よりよく笑っています。

画像1


外出自粛で、空いた時間にインプットを。
本に、映画に、ネットフリックスに、オンライン人狼に。
という方がいる一方で、正直、”生活に忙しい”という方のほうが多いんじゃないでしょうか。

僕は家族のサポートもあって、なんとか仕事をする時間だったり、物を書く時間を与えてもらっています。かなり甘えている立場だなと思います。
それでもなお、ついつい苛立ってしまう自分がいたりするわけで。

「時間の余裕ができたこのときに、かくかくしかじかこんなことを頑張ってみたら?」とか造作もないように言われてしまうと「いや、みんな、前から日々の生活を頑張ってるんだよ。そして今はもっと頑張っている」と思ってしまいます。

このほとんど誰も経験したことのない外出自粛期間。
いつもの生活とは違うイレギュラーなことが起きて負担が増えるひともいれば、仕事を奪われて生活が逼迫しているひとたちもいます。不安と怒りで、なかなか精神的な安定がとれず、集中することができないひとたちもいるでしょう。
それぞれが抱える状況って、ひとりひとりが全く違っているわけで。

”正しい日々の過ごし方”なんてあるわけないんですよね。

もちろん感染予防にとって心がけるべき正解は、いくつかあると思うのだけど。

この厳しい春は誰もが当事者です。
個々人の置かれている環境の違いが、今までの生活よりもダイレクトに”差”となって出てしまいます。

自分も気をつけなくてはならないなと思うのですが、「わたしの生活」と「あなたの生活」は違うのだということを頭に入れておかないと、今まで楽しく会話できていたつながりのなかに、途端に分断が見えてしまう可能性もあると思います。

気を使いすぎても、疲れちゃいますけどね。

今に限らず、そのひとにとって大切にしている”正しさ”に対して、敬意をもっていたいなと思います。


水野良樹



この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。2019年春からスタートした水野の個人メディアHIROBA(http://hiroba.tokyo)の記事の他、水野良樹の公式SNSとしても機能します。HIROBAや水野個人の活動に興味をもって、ご支援してくださる方は、ぜひご購読ください。

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
112
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。