Message from YU TAKAHASHI
見出し画像

Message from YU TAKAHASHI

2019.07.15

Message from YU TAKAHASHI

楽曲のお話をいただき、
打ち合わせをして、
レコーディングまでの流れの中で、
せっかく同世代なわけだし、
水野さんのことを「水野くん」と
呼べるようになろうと思ったのです。

でも、出来ませんでした。

一度だけレコーディング中に
勇気を振り絞って、
さり気なさを装いながら
「水野くん」と呼んでみたけれど、
呼んじゃった~!と
一人でドキドキしたあとで、
すぐにさん付けに戻しました。

それ以降ずっとさん付けです。
きっと、水野さんもその辺
お気づきになられているハズであり、
多少なり同じように気にされている
ポイントのハズなのです。

価値観の違う人たちからしたら、
そんなとこ気にする?みたいなことを
大いに気にする性質。
こじれてる。面倒くさい。
よく言われます。

しかしそこのところで
物凄くシンパシーを感じる人、
それが僕にとっての水野さん。
このシンパシーは世代によるものか、
互いの気質によるものなのか。

しかしだからこそ生まれたと言って
過言でない2つの楽曲。
大いにこじれております。
僕らにしか出せない音の塊です。
ね、水野くん…。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。HIROBAは『つくる、考える、つながる』を楽しむ場をつくりだす実験的プロジェクトです。様々なゲストの方々との対談、創作が、発表されていきます。HIROBAや水野良樹個人の活動を、ご支援してくださる方はぜひご購読ください。

水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。