見出し画像

水野良樹と音楽にまつわるアレコレについてともに考えるクリスマスミーティング!

2020.1.8

いきものがかり5年ぶりのオリジナルフルアルバム「WE DO」発売を記念して、昨年12月25日にnoteでイベントを開催しました。
その名も「水野良樹と音楽にまつわるアレコレについてともに考えるクリスマスミーティング!」。
noteクリエイターのみなさんからのさまざまなご質問にお答えしたイベントの模様をお届けします。

画像1

マジで、どうしよう

お集まりいただき、ありがとうございます。よろしくお願いします。

今日「WE DO 宣言」ということで、いまの事務所を離れて3人で新しい会社を立ち上げ、新体制で活動を続けていくことを発表しました。

あまりないことだと思いますが、現在所属している事務所からもコメントを出していただき、本当にありがたいことに背中を押してもらうように寛大に送り出していただきました。

今日は「これからどうしていこうかな」ということをみなさんとお話して、ご意見やアイデアもいただけたらと思っています。

思った以上に静かで緊張しています(笑)。

いきものがかりが新体制でこれから進んでいくにあたって、僕がいま思っているのは…これです。

画像2

マジで、どうしよう。

わりと本音ではありますが、もちろん何も準備せずに進んできているわけでもありません。

現在の事務所には約15年お世話になりました。大変ありがたいことにたくさんの人に僕たちの音楽を聴いていただき、音楽というもので生活することができています。その経験を踏まえて、もっと自由に、自分たちのコントロールが利くところでやってみたい気持ちもあり、前に進んでいる状況です。

このミーティングを進めるにあたって、まずは3つの問いを立ててみました。

1. “みんなのうた”は実現できるか
いきものがかりは、老若男女、幅広く聴いていただけているグループだと思っていて、それは僕たち自身も志向していることです。

もともと路上ライブからスタートしたグループですので、お客さまを選べないんですね。ライブハウスのようにお金を払って会場に入ってくれる音楽好きの方々にどうやって喜んでいただくかというよりは、音楽に対して全く興味がない人もいる路上で、目の前を通り過ぎる人たちをどう掴むかというところからスタートしているので、そういう志向になっています。違う文化を持った人、違う価値観を持った人、そもそも音楽を必要としていない人にも、こちらを向いてもらって、聴いてもらえるかということをすごく考えてきて、今もそのつもりでいます。

“みんなのうた”という言葉を定義してしまうと、それ自体も虚構になってしまうので難しいですが、普遍的に多くの人たちに届く、つながる、リンクする歌は可能なのかどうか。

今日もnoteというサービスのなかで、みなさんに応募いただきましたが、今はさまざまなSNSがあって、Instagram、Twitter、Facebook、それぞれに文化がある。テレビ、新聞にもそれぞれの文化や文脈がある。そのなかをエンタメの作品はそれぞれの形で通っていきますが、メディアの優劣がはっきりしていた昔のように、大きなメディアであるテレビから曲が流れると多くの人に届くということは今はなかなかありません。そういった社会状況のなかで、そもそも“みんなのうた”は実現できるのだろうか。音楽が社会で身近なものとして、ポップカルチャーとして、存立できるのだろうか。そういったことを常に考えています。

2. 広場になれるか
いきものがかりとは別にHIROBAというプロジェクトを始めました。

僕が高校生だった1990年代後半から2000年代前半は、CDがバンバン売れていて、いろんなアーティストがスーパースターとして活躍していた時代です。「ミュージックステーション」「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」などの音楽番組がたくさんあって、アーティストのパーソナリティを番組でうまく掘り出して、タレント的なパーソナリティもリスナーを惹きつける要素になっていて、作品と強く結びついているものも多くありました。

そういったパーソナリティに頼ったり、曲をつくった作者が「この曲はこうだ」と定義づけるのではなく、聴いてくださるみなさんとの間に曲をポンと置いて誰でも手が届く。例えば、歌のなかで「僕」という人称が使われていても、必ずしもその主人公が作者の僕であるわけではなく、歌を手に取った人が自分のこととして聴けるような作品が成立するだろうと思ったんです。作品に結びつきの強い人がキーパーソンになりすぎてしまうのではなく、「自由に入って、自由に出ていける、広場のような作品がつくれないものか」という思いが自分のテーマとしてありまして、HIROBAのプロジェクトにつながっています。

3. “ぼくらだけ”は実現できるか
音楽作品をつくると、その次には作品を「届ける」「広げる」という工程が出てきます。そのときにメディアが必要になって、その力を借りる。音楽番組に出せていただく、ラジオの番組に出させていただく。フェスもある種メディアのひとつで、用意された舞台にどのように出るのか、あるいは出ないのかという選択も重要になっていました。

今の時代を見てみると、SNSの力を使ったりすることで、作品そのもの、アーティストそのものがメディア化しているのは、みなさんもご存知だと思います。とはいえ限界はありますし、既存メディアの力も強いですし、それぞれに個性もあります。コンテンツとメディアがほぼ一緒になるような状態で、「作り手自身がメディアと一体化したものになれるのだろうか」「既存のメディアを介さずに届けること、広げることはできるのだろうか」ということは少しずつ考える必要があるかと思います。

CDのフォーマットや流通のシステムが作品自体に影響を与えるという歴史がずっと続いていて、自分たちのメディア、自分たちのフォーマットで、既存の形に頼らないで実現することはできるのだろうか、いや難しそうだな、ということを考えています。

HIROBAをやっていますが、お金は出ていくばかりです。noteは課金ひとつをとってもプラットフォームとしてやってくれる。決済のシステムを個人でつくることは難しいですから、作り手を助けてくれている。ただ、テクノロジーが進歩して個人間で決済ができるようになると状況も変わってくる。そもそもメディアが必要なのか、流通のシステムが必要なのかという話がいろんなタイミング、いろんなレベルで出てくる気がしています。

何か新しい考えが僕のなかにあるわけではないですが、大きな組織のなかで自分たちの舵取りをしていくことは難しいところがある。3人の責任を背負って、3人の事情を背負って、少しでも長く活動を続けていくために、今回の「WE DO 宣言」に至りました。

ということで、今日はアンケートをお手元に配っております。

「水野良樹、いきものがかりは、これからこんなことをしたらいいんじゃないか」「作り手が世の中に作品を届けるときのアイデア」などについて、みなさんからご意見をいただいて、お話できたらと思っています。

画像3

ちょっとメモみたいなことも書いてきました。

“みんなのうた”について少し話すと、よくアーティストがお客さんを前にして「みんなに歌ってるんじゃないんだ、君に歌っているんだ」みたいなことを言いますよね。僕はボーカルじゃないので言ったことはないんですけど(笑)。あれは意外と本音で、ひとりひとりの経験につながっていきたいという気持ちがある。ただ、ちょっと気をつけなければいけないのは、「理想化された私」みたいなものがあるんですね。まさに1990年代後半くらいは、「自分らしく生きよう」「個性を大事にしよう」と盛んに言われて、自分らしさについてものすごく考えさせられました。よくよく考えると、そのときの「等身大の自分」「自分らしい自分」というのは、理想化された自分なんですね。

僕が言いたいのは、そういった理想化された自分ではありません。

みなさん、日々の生活のなかで現実的な事情を抱えている。それはハッピーな状態もあれば、厳しい状態もある。どのような状態にあるにしても、「その人自身が語り出す言葉」「思っていること」につながる歌を書くことはできるんじゃないかなと。個人それぞれが持っている世界にスッと入って、みなさんの主格につながっていくというイメージが漠然とあって、そういう歌の成立の仕方はあるかもしれないなと夢想はしています。いきものがかりの「SING!」は、日々の生活を送るみなさん自身が「自分のことを語り出そう」「自分の幸せは自分で定義していこう」ということを歌えないかなと思って書いた曲です。

では、アンケートのご質問に答えていきたいと思います。

──音楽業界から作品に限らず、想いを届けていく時にどんなメディアを使っていくのがよいと考えていらっしゃいますか?それぞれ活用方法は異なると思いますが、HIROBAとの使いわけ、立ち位置は今度どのように作っていこうとしていらっしゃるのか伺いたいです。

ありがとうございます。どんなメディアを使ったらいいと思いますか?(笑)

やっぱり、メディアごとの出口にいる人が誰であるのかを予想しないといけないですよね。その出口にいる人に応じてメディアの形は日々変化しているような気がするので、そこに対して意識しながらそのメディアでどういう発言をするのか、どういうパフォーマンスをするのか、そのメディアに出ないということも含めて選択していかないといけない。

何か適性のあるメディアを選ぶということは難しくて、例えばテレビだけ出ていればいい、ラジオだけ出ていればいいということもないですし、いきものがかりや僕の主張としてもそれは違っているし、ひとつのメディアやひとつの場所だけで多くの人に届くという時代は、はるか昔に終わっている。関わるメディアが増えていくと、メディアごとにコミュニケーションを取らないといけない。そうなると、ひとりの人間やひとつのチームだけでは処理しきれないんですよね。だから、所属事務所やレーベルといったチームを組んで、いろんな人たちとのコミュニケーションを取ったり、いろんなタイプのプロモーションを仕掛けていくわけです。

そうすると、「“ぼくらだけ”は実現できるか」ということを長期にわたって考えていくことになります。

例えばテキストメディアでいうと、作家さんは雑誌や書籍など、出版社との関係性を考える必要がある。それだけでは生活ができないので、講演で話をする、コメンテーターとして喋るといった、テキストを書く以外の行為によって生活を維持したり、作品の質を維持したりしないといけない時代が続いているなかで、noteがあることによって、そのひとつのポジションだけあれば、読者とのつながりも持てるし、お金も稼げる。自分が思ったように作品を書くことだけに集中していれば、それが叶う。noteというサービスを使うことによって実現できているということですよね。

僕らのような音声コンテンツ、映像コンテンツは条件や置かれている状況が違うので一概には言えないですが、同じようなことができるんじゃないかなと思います。

──メディアのライター・編集として、「アーティスト本人が、想い・言葉を届けられる時代にあえてメディアを介する意味・メリットは何だろう?」といつも考えています(他者の文章を介すると、意図と違うなどのデメリット・リスクもあると思います)。アーティスト・作家にとって、メディアを介するメリット、あるいは期待していることがあれば伺いたいです(もちろん情報の拡散はあると思いますが、今やSNSで、あるいはnoteで本人の言葉で伝えられるので…)。

拡散の意味は非常にあるわけですけど、この拡散というのはただ広がるということをイメージしているわけではなく、「出会うはずのなかった人と出会う」ということに、メディアに出る意味があると思いますね。

例えば、僕のTwitterには約18万人のフォロワーがいて、実際にTweetを読んでいる方はそのうち1/3くらいです。そうすると数万人が見ているメディアを持っているということになります。ただ、個人が発信できるメディアというのは、その人自身にある程度の興味がないとそもそもフォローしないですよね。

ちょっと話は変わりますが、僕は「Sports Graphic Number」というスポーツ雑誌で連載を持っているんですけど、その連載をどんな人間が書いているのかをわからずに読んでいる人もいるんですね。「水野良樹ってあの連載を書いている人だな」とフォローしたら、「この人、いきものがかりの人なんだ」っていう…これ、嘘のような本当の話なんですよ。

共同通信社で「そして歌を書きながら」という連載も持っていて、地方の新聞に掲載されるんですが、その反響もすごく大きくて。上の世代の方たちは雑誌や新聞を多く読んでいらっしゃるので、その人たちとは僕が使っているSNSでは出会えなかったと思うんですよね。メディアそれぞれが持っているつながりがあるので、ジャンルや世代で分かれてしまっているコミュニティに出会えるということがすごく大きなメリットじゃないでしょうか。仮に僕のTwitterで100万人、200万人のフォロワーが得られたとしても出会えない人がいる。

あと、人に話を聞いてもらうということがすごく大事なんですね。

新人の頃はいろんなプロモーションの場面をつくっていただいて、一日に10誌の取材を受けて同じ話を一生懸命するんですが、同じ話をしているようで実は違うんですよね。それは、聞いてくださる方の質問が微妙に変わってくるんです。もちろん定型質問もありますが、独自の視点による質問だったり、たまたま会話が違う方向に行って前の取材では出てこなかった曲のストーリーを語ることもあるんですね。

他者と話すことによって、他者の編集意図、他者が書きたいことによって、アーティスト個人では引き出せないものを引き出してもらうことも大いにあるわけです。自分自身だけで記事をつくったり、言いたいことを発言していると、どうしても一本調子になってしまうことは経験上あると思っています。メディアという違う事情で動いている人たちと出会い、そこで言葉を届けることのメリットだと考えています。

画像4

この広場ではおもしろいことが起こると思わせることができるか

──今はデジタル配信、ダウンロード等で曲を聴くことが主流になっているように思いますが、CDで音楽を聴くこと、CDの発売は今後も続いていくコンテンツだと思いますか?水野さん自身のCDへの想いもあわせて聞きたいです。

CDは…どうしても趣味的なものとして残っていく道しかない気がします。CDバブルの頃はCDというパッケージが売れていただけじゃないと思うんです。音楽と関わりのないファッションや流行、社会情勢があれほど音楽とリンクしていった時代はなくて、生活必需品と同じくらいの大量生産に肩を並べるくらいになり、あの当時はCDというパッケージに利便性があった。今の100万枚と当時の100万枚は意味が全く違うし、これからは必需品に近づくような商品でもないですし、より趣味の色合いが強くなると思います。みなさん、CDの再生機器を持ってないですよね?パソコンからもCDドライバがなくなり、「CDってそもそもどうやって聴くの?」ということが起こっていますよね。

CDへの想い…それはありますよ。一生懸命つくっていますからね。それは個人的な作品への思い入れと、かなりダブっていますね。ジャケットをつくるにしても、かなりの打ち合わせを経て、デザイナーさんとのコミュニケーションを取って、カメラマンに撮影してもらって、ひとつひとつを大事につくっているわけです。そのなかに入っている音源ももちろんです。それに対して愛着が湧く、手にとってもらいたいという気持ちになるのは自然なことです。かといって、その思いが時代の流れをせき止める理由になるかというと、そうではない気がしていて、音源や作品に対する思い入れというのは違うフォーマットになっても、いろいろな形で表現できると思っています。CDにこだわることが目的なのではなく、作品に対する愛着、音楽に対する情熱を、どうやってそのままの状態でみなさんにお伝えするかにこだわっていかないといけないんじゃないかなと考えています。

──作詞、作曲、編曲の中で、AI(人工知能)が一番最初に人間と変わらないものがつくれるようになるのは、どれだと思いますか?

おもしろいですね。どれだろう?

変数が少ないものの方がいいですよね…そうすると作曲なのかな。ひとつの音から次の音への跳躍とか、そこの長さとかの法則性をつくって、いわゆるメロディメイカーという意味での作曲であればできる気がしますね。ということは、一番最初に職を失うのは僕ですね(笑)。

AIでつくったオーケストレーションの楽曲もたくさんありますし、ミックスやマスタリングのソフトも話題騒然ですが…どのくらいのものになるんでしょうね。

このあいだ、キズナアイさんの楽曲を書かせていただき、キズナアイというものがどういうコンセプトのもとで誕生したかを伺うことができました。どこが人間でどこがAIなのか、ずっと考えていくとぼんやりする感じがあって。

僕という人間が作曲をしたり、作詞をして、僕の作品として世の中に出ているんですけど、僕という人格はどう形成されたかというと、まず両親がいて、両親が僕に流入させたことがすごく多いわけですよね。さらに37年の人生のなかで、いろんな人に出会ったり、いろんな出来事を経験して、その影響の総和で僕という人格ができている。もともとゼロイチがあるわけではなく、人間の動物としての既存システムみたいなものがあると思うんですけど、ゼロのなかにいろいろなものが流入してきて、その混濁が僕という人間をつくっているんじゃないか。でも、その構造はAIと同じで、既存システムにどんなデータを入れるか、どんなルールを設定するか、その総和が処理されることによって、人間と変わりのないようなコミュニケーションが取れたり、創作ができるという構造自体は同じような気がするんです。そうすると結局、変わらないものができるのではないかと思いながら、ここからは僕の推論になりますが、「人間は不完全で偏っているんじゃないか」と。

例えば他のアーティストの方に曲を提供させていただくと、「いきものがかりっぽいなぁ」と批評をいただくこともあります。僕のつくるメロディが、水野良樹の手グセというか、そういうものが出てしまうときがあると。それは自分の技術の拙さを棚に置いて話をさせてもらうと、不完全な状態、偏りがあるというのが人間だと思うんですね。不完全さや偏りがその人らしさとなっている。その不完全な状態や偏りをAIが再現することは難しいのではないかなとなんとなく思っているんですが、専門家の方に聞いたら「そんな浅はかなものではないよ」と言われてしまうかもしれません。これからどんどん出てくるAIに対して、どう答えられるのかなとは思いますね。

みなさん、いかがでしょうか。何かご質問があれば。

──水野さんが今までつくった歌のなかで、いちばん“みんなのうた”に近づいたなと思うものがあればお聞きしたいのと、その曲がそうなった大きなきっかけが何かを教えてください。

そうですね。頭に浮かんでくるのは「ありがとう」「じょいふる」「YELL」といった、いきものがかりの代表曲として知っていただいている曲になると思うんですけど、そのなかでも「ありがとう」は特にそういう曲になったと思われがちですが、一方で考えると「じょいふる」かなと思います。「じょいふる」は…意味がないんですよね(笑)。当時、わりとバラードが何曲か続いていたり、「この歌詞の意味はなんですか?」と問いかけられることが多かったなかで、「ナンセンスなものをつくりたい」「無意味なものをつくりたい」という気持ちがすごく強くて。そのときにポッキーのCMのオファーをいただいて、しかも「ナンセンスで、踊れる、とにかく体が動き出すようなものが欲しい」というディレクションで、「これだ!」と。

その「じょいふる」が“みんなのうた”になったのは「文脈がないから」ということだと思うんですよね。「ありがとう」や「YELL」でさえ、その文脈から外れてしまう人はたくさんいて、「YELL」は卒業ソングだと言っていただくこともありますが、世の中には学校という組織になじめない人もたくさんいますし、卒業というタイミングを経ていない人もたくさんいる。「ほとんどの人が経験しているよね」と思われることでも「いや、経験していないです」ということが昔よりも増えてきていて、そうなると「ほとんどの人が経験しているから、これは普遍的になる」というようには、なかなか言えないんですよね。そうなると、そもそも文脈がなくて「言葉のハマりと音のおもしろさ」のようなものにたどり着くのかなと。

だけど、僕が目指しているのはそっちではないんですよね。無意味なもので実現するのではなく、その人自身の物語が作品に流入していくかたちを取りたいんですが、なかなかできない…すごく難しいですね。

──意図的に文脈を込めてうまくいった曲はありますか?

そうですね…矛盾するようなことを言って申し訳ないんですけど、そう考えると「ありがとう」になるのかな。ただ、「ありがとう」も意図してそうなったわけではなく、結果的にそうなったというほうが正しいんですよね。いまだに…なんで売れたか、わからないんですよね。聴く人それぞれが、その人の物語を歌のなかに重ね合わせていったということでは、確かに大きな成果がありましたね。でも、技術的にどうやって実現するかというヒントをそこから導きだすことは難しいですね。

「ありがとう」をつくったときは締め切りが迫っていて、いろんな活動もしながらの制作だったので、わりとパンク寸前のような状態だったんですよね。朝ドラのお話をいただいて4曲か5曲つくって出したんですけど…全然書けなかったんですよ。「これだ!」という感じで掴めたときは1曲だけ出すので、4曲も5曲も書いているということは何も掴めてないということなんですよね。歌詞を書いていても、どこが掴みどころなのかわからなくて。振り返ってこじつけで言うなら、「良くも悪くも自分というものを出していなかった」。多くの人の耳に触れるところに行ったときに、聴く人それぞれが「自分のこと」として聴いていただける形になったのかなと想像するだけですね。

ただ、曲をつくっているときは全部見えていました。単純にこのタイアップに合うかどうかという話だけではなく、この曲が世の中に出たときにどうなってほしいかという、もうちょっと広い目で見ていたと思います。「ありがとう」も「じょいふる」も、もちろん他の曲もそうですが、なんとなく曲が伝わっていく景色をいくつも思い浮かべて、そこから論理ができて、曲をつくってきた部分はありますね。

個人表現をしたいという気持ちが弱いというか、どこかでひねくれたというか。存在そのものを商品にする、エンタメにするということをいろんな方がやっている。それはアイドルと呼ばれる方だけではなく、ステージに立っている人は誰しもその部分から逃れられなくて。そうじゃなければヘアメイクもスタイリングもしないと僕は思うんですよね(笑)。

自分の存在自体が商品になる、自分の持っている背景が作品に透過されて、作品が自分そのものの延長線上としてエンタメ化されるのがわりと多いスタイルだったと思うんですけど、そこから早いうちから離れてしまって、興味が湧かなかったんですよね。

ただ、「自分を出したい」「自分が思うような世の中にしたい」という気持ちはわりと強く持っているほうかもしれないです。そこが、みなさんに届く理由なのかもしれないですね。

よく例に出すんですが、「上を向いて歩こう」という曲は僕にとって多くのヒントになっています。あの歌詞は、何も深いことを書いていないようで、実は深いことに触れているんですよね。何か悲しいことがあったときに、あの曲の器に応じて聴く人が気持ちを合わせていく部分が往々にあると思うんです。

僕のつくった「ありがとう」もそうですが、例えば何十年も連れ添ってきた夫婦が最期の別れのときに「いままで、ありがとう」と言うのはとてつもなく重い「ありがとう」ですが、その気持ちを僕のつくった「ありがとう」に乗せて思うとしたら、僕が書いた「ありがとう」の器に、そのとんでもなく大きな、人生がかかったような感情を注ぎ込む。そしてその器の形になってしまうのは、めちゃくちゃすごいことだと思うんですよ。

本当は形やベクトルのないはずの感情、みなさんにとって個別のものである感情を、僕の曲によって方向づけたり、ある形に収めようとすることは、強い影響力があってポジティブに捉えるとロマンなんですよね。僕が死んでも曲は残るし、「愛はこうあってほしい」「人と人はこんなふうに思い合ってほしい」というイメージが曲を通して、僕が用意したフォーマットのなかで、みなさんが感情を動かしていくんですよね。ずっと影響を与えつづけるということが、ポップソングの怖さであり、ロマンであると思っていて…その思いが強いのかもしれないですね。

──いろいろなツールができて、音楽をつくることが手軽になってきたなかで、そういうものを趣味として続けるのか、仕事にするか、その違いを聞いてみたいです。

自分にとって価値があるものを順位づけしていくと、おのずと見えてくると思うんですよね。僕の場合だと「音楽をやりたい」ということを最高の順位に置いてしまいがちなんですけど、実際はそうではなくて「ごはん食べたい」とか、「こういう生活がしたい」ということが個人で違うとは思うんですけど最優先順位にくるべきなんですね。それに対して、音楽を職業にすることはどんなリスクがあるのかということを考えると、何を選ぶべきなのか見えると思います。

「生活とかはどうでもよくて、とにかく音楽をつくりたいんだ」という人は、それはそれでいいと思いますが、その代わり自分でリスクを背負うことにはなりますよね。自分のなかで大事なことをまわりに伝える必要はなくて、簡単にいうと何の欲望がいちばん強いのか、いろいろ整理していくと自然と見えてくる。

もちろん僕たちも、いろいろな決意をしてきたし、頑張ってきましたけど、やっぱり「運」に左右される部分がすごく大きいですね。人との出会いも、タイミングもそうです。決断すればいいという話ではないと僕は経験上思います。自分にとって大事なことは何かを考えて、どんなにつらい道でも納得して進むと、あとから笑えるのかなと思います。

画像5

──ここに挙げられている3つのことは、作詞家の阿久悠さんは実現できているような気がするんですけど、なぜ阿久さんは実現できたと思いますか?

阿久さんはなぜ実現できたのかなぁ…。実現できた時期もあって、実現できなかった時期もあるから、阿久さんはおもしろいんですよね。うーん、でも難しいなぁ。そこがやっぱり人間がものをつくることの限界なんですかね。途中で時代と合わなくなってきたというか…。「自分を出すこと」と「多くの人が聴く歌」のバランスが崩れていくというか、自分を出しすぎてしまう瞬間が阿久さんにもあったと思うので。阿久さんと比べるのはおこがましいにもほどがありますけど、その限界を同じように僕も迎えると思いますね。すみません、うまく答えられていないですね、難しいな。

もうひとつヒントになるようなことでいうと、いろいろなプラットフォームがありますが、阿久さんという存在もひとつのプラットフォームだったような気がするんですね。いろんなシンガー、いろんな作曲家がやって来て、阿久さんというプラットフォームからものができる。

これから何が起こるかというと、プラットフォームを広場に例えると、「どの広場に行くのが楽しそうかな」という広場同士、コミュニティ同士、プラットフォーム同士の競争になっていくような気がします。その考えでいうと、阿久さんというプラットフォームはある瞬間から人が離れてしまったということがあったんだと思います。ひとりの作家がどれだけ他者を内包できるか、広場のように人を入れてひとつの場所として存在できるかは、作品が長く生き残る上ではすごく大事です。

ここにSMAPと書いてありますが、SMAPはまさにそうで、その時々の最先端のクリエイターたちがSMAPの曲をつくったり、ジャケットをデザインしたり、PVを制作したりとか。SMAPという存在が国民的なメディアになっていて、そこにクリエイターたちがどんどん作品を出していった結果、とてつもなく大きなグループになったんだと思います。

だから、「この広場ではおもしろいことが起こるんだと思わせることができるかどうか」が今後は重要になっていきますよね。メディアだけではなく、僕みたいな作り手もそうなる必要があると思います。

いただいたご質問は、いくつかピックアップしてHIROBAで回答したいと思います。

僕個人としても、いきものがかりとしても、新たなスタートを切っていきますので、忌憚のない意見で新たな気づきをいただいて前に進んで行けたらと思いますので、これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。

(おわり)

Photo/Kayoko Yamamoto
Text/Go Tatsuwa

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。2019年春からスタートした水野の個人メディアHIROBA(http://hiroba.tokyo)の記事の他、水野良樹の公式SNSとしても機能します。HIROBAや水野個人の活動に興味をもって、ご支援してくださる方は、ぜひご購読ください。

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。