読む『対談Q』 藤原麻里菜さん(無駄づくり発明家)後編②
見出し画像

読む『対談Q』 藤原麻里菜さん(無駄づくり発明家)後編②

HIROBAの公式YouTubeチャンネルで公開されている『対談Q』。こちらを未公開トークも含めて、テキスト化した”読む”対談Qです。今回のゲストは無駄づくりの発明で人気を集める藤原麻里菜さん。「みんな平等に価値があるし、平等に好きなことしていい」。つくることそのものを肯定する藤原さん。水野が問いかけていきます。
前回はこちら↓


読む『対談Q』 藤原麻里菜さん


藤原:なんか、幸せって難しいですよね。

水野:そうなんですよ。どこに線を引くか。もちろんひとりの人間として全部が認められたらいいんだけど、どこかでラインを切っちゃう。

藤原:最近、私は全然幸せを感じられなくて。毎日が結構、退屈に感じて。

水野:そうなんですか?

藤原:「どうすればいいんだろう」っていろいろ考えた結果、自分の生活に「余計なこと」がないなって思ったんですよ。

藤原さん_04

藤原麻里菜
コンテンツクリエイター、文筆家
頭の中に浮かんだ不必要な物を何とか作り上げる「無駄づくり」を主な活動とし、YouTubeを中心にコンテンツを広げている。2013年からYouTubeチャンネル「無駄づくり」を開始。現在に至るまで200個以上の不必要なものを作る。2016年、Google社主催「YouTubeNextUp」に入賞。2018年、国外での初個展「無用發明展- 無中生有的沒有用部屋in台北」を開催。25,000人以上の来場者を記録した。2020年 Forbes Japanが選ぶ「世界を変える30歳未満」30 UNDER 30 JAPANに選出される。

水野:余計なこと?

藤原:「無駄づくり」がライフワーク、仕事みたいな感じになっちゃったから、「無駄づくり」って「余計なこと」だったんですけど、それが「余計なこと」じゃなくて「ベース」になっちゃった。

水野:そうですよね。軸になっちゃった。

藤原:だから「無駄づくり」以外の「余計なこと」がなくて。これはちょっと問題だと思って。「余計なことをしたい!」と思って。

水野:ああ(笑)

この続きをみるには

この続き: 2,349文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。HIROBAは『つくる、考える、つながる』を楽しむ場をつくりだす実験的プロジェクトです。様々なゲストの方々との対談、創作が、発表されていきます。HIROBAや水野良樹個人の活動を、ご支援してくださる方はぜひご購読ください。

水野良樹(いきものがかり)の実験的プロジェクトHIROBAの公式マガジンです。毎週金曜日にラジオ的長文コラム『そのことは金曜日に考えるから…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。