見出し画像

ネガティブか、ポジティブか。

座談会企画「HIROBA茶会」
水野良樹×高橋久美子×関取花

古く日本では戦国武将から文化人まで、それぞれの親睦を深めるために茶会を催したとか。英国では社交の基本に「tea party」があるとか、ないとか。
小難しいことはさておき、お酒が不得意なHIROBAの水野良樹が、どうやったら様々な分野の方々と交流がもてるのだろう。
「酒を酌み交わし、心を開いて本音を語ろうじゃないか」的な文化に、全然とびこめない水野が考えたのが「そうだ、茶をしばこう」。

お招きするのは水野がお仕事やプライベートでつながりをもった方々。毎回、茶会の主催である水野がエンタメにまつわるテーマを持ち寄り、それをもとにざっくばらんにおしゃべり。
自由でリラックスした会話から、なにかの刺激やアイデアが生まれないか。
仕事とプライベートのあいだの、座談会企画。

記念すべき第1回はHIROBAに縁の深い、高橋久美子さん、関取花さんのお二人です。

Part 1 ネガティブか、ポジティブか。

水野 久美子ちゃんとはNHKでこのあいだ、偶然、会ってね。

高橋 そうそう、一瞬だったけどね。

水野 「あ、えっとHIROBAでまた!」なんて慌ただしく…。

高橋 今日実現したね。

水野 HIROBAでの対談は真面目な内容になりがちなので、お茶を飲みながらリラックスして、フランクに話ができたらいいなと思って。

関取 うーん、いいですね。

水野 記念すべき初回は、HIROBAに縁のあるお二人にお越しいただきました。

高橋 ありがとう。

関取 ありがとうございます。

水野 さぁ、まずはメニューを決めましょうか。

関取 チーズトースト、フレンチトースト、うーん、迷うなぁ。

高橋 チーズトースト、いいねぇ。

水野 フレンチトーストもいいけど、やっぱりサンドイッチかな。

高橋 そうよね。

関取 サバもいいな。ああ、迷う。

水野 いい時間(笑)。

高橋 メニュー決めるだけで1時間終わっちゃうかも(笑)。私、シャケ(ファーロミー)にする!

水野 あれ、誰もフレンチトーストいかない?

関取 私、サンドイッチのサバオリーブにします。

水野 僕はタマゴ(ナポリ)にします!飲み物は何にしますか?

関取 また迷っちゃう…(笑)。

高橋 緑の飲み物(コールドプレスジュース)が気になるな。

関取 ホットコーヒーのスペシャルティにします!

水野 僕はほうじ茶ミルクコーヒーにします。

関取 美味しそう。

高橋 やさしいね。

水野 久美子ちゃんは去年の春に対談で登場いただいて。

高橋 そっか、そうだったよね。1年早いね。

水野 関取さんは連載で頼ってばかりで…。

関取 いやいや、とんでもない。こちらこそありがとうございます!

高橋 花ちゃんの歌詞は泣けるのに笑える、その両方が同居してるよね。

関取 本当ですか!うれしい。

水野 意識してるんですか?

関取 あまり意識してはいないですね。でも、そもそものマインドが「でも、だって、だから…頑張ろう」という本来は否定的な“D言葉”からしか活力が生まれないタイプなので。

高橋 なるほどね。

関取 泣けることがあっても「だから、ここから進むよ」と、探していきたいんでしょうね。

水野 一回ストレスをかけて、それを跳ね返す。

関取 そうなんですよ。

水野 人間は2パターンいると思っていて。バームクーヘン理論という…。

(ここでドリンク登場!)

高橋 おー、すごい!(この日のコールドプレスジュースは小松菜、バナナ、オレンジのミックス)。濃い〜。

一同 いただきまーす!

水野 しっかりほうじ茶です。

高橋 おお、小松菜〜!

関取 美味しい〜。なんかオシャレな人になった気分♪

水野 何の話だっけ?

高橋 バームクーヘンよ。

水野 あ、そうそう!「核の部分が明るくて、まわりをネガティブで固めている人」と「装いはすごくハッピーで明るいけど、核の部分はネガティブ」。このどっちかだと思う。

関取 ああ、そうですよね。

水野 僕はまわりがネガティブで、真ん中はめっちゃ明るい。

高橋 あ!

関取 へー!

水野 実はね。信じてもらえないんだけど。

高橋 逆だと思ってたよ。

水野 二人はどちらのタイプ?

関取 私はバームクーヘンで言うと、ネガティブ、ポジティブ、ネガティブ、ポジティブ…と層が重なって、真ん中にいったときに「あれ、どっちだろう?」ってわからないタイプです。

水野 ああ、なるほどね!

関取 バームクーヘン女。自分でもわからなくて…(笑)。

水野 行ったり来たりする?

関取 そうですね。ネガティブではないけど、何でも「大丈夫だよ!」って頑張れるタイプでもない。

水野 今回のミニアルバム「きっと私を待っている」がそんな感じだよね。

関取 あー、そうです!まさに。

水野 久美子ちゃんは?

高橋 私は「まわりをポジで囲んでいるネガ」だと思うよ。たぶん、ずっとその感じだね。

水野 そっちか。

高橋 ネガティブを力にして書き続けている気がするけど、「明るくて悩みなさそう」って言われるよ。

水野 久美子ちゃんの詩集(「今夜 凶暴だから わたし」)を読んだら「絶対、悩みあるでしょ!」って思うよ。

高橋 それはね、今までほとんど出していなかった部分を出しましたねぇ。

水野 ああ、やっぱりそうなのか。

関取 私、高橋さんのエッセー集「いっぴき」が好きです。

高橋 おお〜、なんだとぉ!ありがとう!!

(つづきます)

次回:Part 2 内にあるもの

高橋久美子(たかはし・くみこ)
1982年生まれ。作家・作詞家。
2004年、チャットモンチーにドラム、作詞家として加入。2011年、チャットモンチーを脱退。以降、アーティストへの歌詞提供や、エッセイ集の出版など、精力的に活動。近著に詩画集「今夜 凶暴だから わたし」、絵本「あしたが きらいな うさぎ」など。
高橋久美子オフィシャルサイト
高橋久美子Twitter
関取花(せきとり・はな)
愛嬌たっぷりの人柄と伸びやかな声、そして心に響く楽曲を武器に歌い続けているミュージシャン。NHK「みんなのうた」への楽曲書き下ろしやフジロック等多くの夏フェス出演、初のホールワンマンライブの成功を経て、2019年5月にユニバーサルシグマよりメジャーデビュー。
ちなみに歌っている時以外は、寝るか食べるか飲んでるか、らしい。
関取花オフィシャルサイト

<今回の茶会の舞台はこちら>
FARO CAFFE

Illustration/Yayoi Sunohara
Text/Go Tatsuwa

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。2019年春からスタートした水野の個人メディアHIROBA(http://hiroba.tokyo)の記事の他、水野良樹の公式SNSとしても機能します。HIROBAや水野個人の活動に興味をもって、ご支援してくださる方は、ぜひご購読ください。

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
40
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。

コメント (1)
バウムクーヘン理論、おもしろいです。自分はどうなんだろうと考えながら読ませていただきました。
メニュー決めるところとか、なんか女子会っぽくてかわいくて和みます( ´∀` )
Part2のみなさんのお話も楽しみにしています!!!
それにしてもイラストがかわいすぎます♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。