新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

『HIROBAビジネス』 水野良樹✖️小泉文明後編

ヒットサービスやヒット企画、ヒット商品をつくった素晴らしい企業家の方々との対談企画 『HIROBAビジネス』第1回目は、鹿島アントラーズ代表取締役社長であり、メルカリ会長の『小泉文明』氏をお迎えしました。

前編に続いてお送りする後編では、2019年8月に代表取締役社長に就任された『鹿島アントラーズFC』について、今後のビジョン、挑戦したいことなどをお聞きしました。


今までの常識を変えなきゃいけないタイミング

水野:鹿島アントラーズの社長に就任されてから約1年。その中でコロナウイルスという世界的にも稀な事象が起こって、率直にこの状況をどういうふうに捉えていますか。

小泉:もちろん、短期的な収入はすごいネガティブなんですけど、個人的にはポジティブに捉えています。先ほど水野さんも話されてましたが、改めて僕は『リアルな価値』を見直すタイミングに来たと思っているんですね。

水野:はい。

小泉:というのもコロナの状況下で『ZOOM』や「リモート」が話題になってみんなオンライン、オンラインって言ってるじゃないですか。

水野:すごく聞きますね。

小泉:でもその中で大事なことって、「オフライン」のリアルのところで熱量がないと「オンライン」では伝えられないってことなんですよね。そこがけっこう、抜けてる気がして。

水野:オンラインの打ち合わせや取材とかで特徴的なのは、会話が空気を通したものではなくて、その場の空気とかに影響されないから非常に論理的なテキストっぽい会話になるんですよね。

小泉:そうですそうです。コアになるところの熱量が弱いとオンライン使っても意味ないんですよ。

水野:僕もすごく感じるのが、「人間の五感」ってそんなに侮っちゃいけなくて、その空間には言語化されていない情報がたくさんあって、だからこそスタジアムやライブコンサートでの、人間が抱えている情報や受け取っている情報っていうのはすごいものがあるんだなって、なんだか改めて痛感しているというか。

この続きをみるには

この続き: 5,769文字
記事を購入する

『HIROBAビジネス』 水野良樹✖️小泉文明後編

HIROBA

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
26
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。