見出し画像

【前編】二極化の先にある可能性

「TOKYO NIGHT PARK」柴那典さん対談 HIROBA編集版  

音楽ジャーナリストの柴那典さんを迎えたJ-WAVE「TOKYO NIGHT PARK」の対談。取材する側、される側として、これまでに幾度となく言葉を交わしてきた二人が語る“今、音楽にできること”、そしてビジネス、カルチャーとしての“音楽の可能性”。前後編のHIROBA編集版としてお届けします。

水野 こういった形で対談するのは初めてなので少し緊張しますね。

 そうですね。よろしくお願いします。

水野 最初に柴さんとお話をしたのは、2014年4月に開催された宇野常寛さんのイベントでしたね。

 意外と不思議な出会いですよね。僕はアーティストの方とは基本的にインタビューでお会いすることがほとんどですが、水野さんとはそうではなかったんですよね。

水野 トークイベントの登壇者として。あのとき、僕はすごく緊張していて。柴さんにインタビューしていただいたことがないのもありましたし、もしかしたら考えていることに距離があるかもしれないとドキドキしていたんです。

 うんうん。

水野 肩肘張って挑んだことを覚えています(笑)。柴さんからご覧になって僕やいきものがかりはどうのように見えていましたか?

この続きをみるには

この続き: 6,033文字 / 画像1枚
記事を購入する

【前編】二極化の先にある可能性

HIROBA

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
25
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。