見出し画像

『今日も書けない』Part5


どっからやってきて、どこへ消えていくんだろう。
という、お話。

曲って「降ってくるの?」「降りてくるの?」という質問をたまに受けることがあるけれど、おそらくそういう意味では神様に選ばれていないのか、「降ってきた」と呼べるような体験はあんまりないなと思います。

鍵盤の前に座って(学生時代はギターを抱きかかえて)、「書こう」と頭も体も思わないと書けない人間のまま、今日まで至っています。

画像1

最初のフレーズのアイディアが出てきて、それから芋づる式に(よく使われる表現だけど芋づるって、実際どんなやつ?)次のフレーズが出てきて、ワンコーラスさらりと歌ったら、それでいいと思えちゃった。みたいなことは何度かありますが。

かといって、理詰めですべて書いているかというと、そもそもそんな”理”を持っていないので(音楽的教養は甚だ脆弱です)、おそらく遠回りなトライ&エラーを延々と繰り返しながら、間違ったら戻り、また進み、また間違ったら戻り……そうやってメロディの道を探っていくようなタイプだと思います。


<自分なりの曲作り与太話。『今日も書けない』シリーズです。定期購読マガジンをご購読の皆さん向けの記事です>

この続きをみるには

この続き: 1,555文字 / 画像1枚
記事を購入する

『今日も書けない』Part5

HIROBA

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
37
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。

コメント (2)
コメントさせていただきます。
水野さんのメロディはⅦm7♭5→Ⅲ7が多いですが、作曲をするときはメロディを作り、そこにコードをあてていきますか?それともコード進行からメロディを作っていくことが多いですか?
感覚的な質問で申し訳ありません。
コメントさせて頂きます。放牧前まではあまり自分のことを歌わないようにと仰っていましたが、今は歌の中に自分はどのぐらい入っていますか?
また曲を作る上で、憧れる作詞家の方はいらっしゃいますか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。