見出し画像

きびしい春だけど


吉岡と山下から押印済みの契約書が届いて。
自分が押印した契約書とも合わせて3枚。
これで晴れて自分たちがつくった新事務所と、自分たち自身が契約したことになります。ま、自分たちのためにつくった会社なんだから、あたりまえっちゃーあたりまえなんだけれど。一応、ちゃんとしておかないとね、と。

ハンコを押すために出社!
みたいな話題がよくあがっていますね。前事務所からの細かい業務の引き継ぎもあって「ハンコ押してください!」の場面は、一般企業に勤めたことのない自分からすると人生最大くらいに押し寄せているんですけれど、そのタイミングでリモートワーク必須みたいな状況になっちゃって、少しあたふたしてます。やりとりがある外部の会社さんも、書類を郵送してもオフィスに担当者さん、いらっしゃらないかも、とか。なかなか難しいですがスタッフさんたちに助けてもらいながら、淡々とできることをやっています。まずは、とにもかくにも郵便やバイク便、宅配便。輸送に関わる皆さんに感謝するばかりですね。


4月頭からメンバー新会社による新体制になって、さぁ、全国ツアー。
皆さんの前に立って、新しく進んでいく自分たちを見てもらおう!と意気込んでいたら、いきなりの急展開。こんな厳しい春になってしまったので、人生とはなかなかうまくいかないものです。

この続きをみるには

この続き: 1,502文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。2019年春からスタートした水野の個人メディアHIROBA(http://hiroba.tokyo)の記事の他、水野良樹の公式SNSとしても機能します。HIROBAや水野個人の活動に興味をもって、ご支援してくださる方は、ぜひご購読ください。

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
119
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。