見出し画像

日本大学藝術学部 著作権講義 HIROBA編集版

2019.07.15

著作権や芸能関係を専門分野とする弁護士で、日本大学藝術学部客員教授を務める福井健策さんが教鞭をとる総合講座「著作権と文化・メディア契約」(共同担当:青木敬士教授)。6月3日の『音楽ビジネスの最前線とミュージシャンの未来形』に水野良樹がゲストとして登壇。2017年の登壇に続いて2回目となる今回、音楽を取り巻く環境の変化や今後について、自身の経験をもとにリアルな意見を語った。その模様をHIROBA編集版として2回にわたって公開します。

音源をパッケージで売ることは趣味文化以上のものにはならない

福井 今日は水野良樹さんに、音楽アーティストの在り方、音楽ビジネスがどのように変化していて、これからどう変わっていくべきなのかについて、じっくりと伺っていきたいと思います。
ということで「水野良樹に聞きたい10の質問」、早速伺っていきましょう。

水野 よろしくお願いします。

──デビュー前やその後、音楽をあきらめようと思ったことはありますか?
水野 うーん、たぶん、ないんですけど…「苦しいな」と思った瞬間は何度もありました。デビュー前にレコード会社の育成期間というものがあって「デビューシングルをどんなものにしようか」「タイアップを獲得するために何が必要だろうか」といったことを考えながら、制作するんです。新人でまったく知名度がない状態からスタートするので、タイアップを獲得するにはいくつものハードルがあって、何十曲もつくるということを約1年くらいしていました。そのなかで、初めて大人たちにいろんな意見を言われて「自分たちの音楽性は何だろう」と悩んだこともありました。何も結果が出ていないので、より不安も大きくて。当時、まわりの仲間たちが就職活動をしているなかで「自分はこの道で食べていけるのだろうか」という不安はありましたね。

福井 苦しかったときは、どうやって自分を奮い立たせていたんですか?

水野 苦しいから投げ出したくなる気持ちもあったんですが、「じゃあ、投げ出したからって何ができるんだろう」と思って。結局は、目の前のことを頑張ることしか当時はできなかったですよね。それで、最終的にはタイアップなしでデビューするというかたちになったんです。タイアップがついていないので「好きなように曲をつくっていいよ」と言われてつくったのが「SAKURA」という曲なんです。そうしたら、そのあとに、すごく運が良かったんですけど、NTT東日本の電報のCMタイアップが決まって、たまたまWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)という野球の大会の放送の合間に、そのCMが流れたことで話題になって名前が知られるきっかけになったんですよね。特にWBCの準決勝と決勝はものすごく視聴率が高くて、多くの人に注目してもらえて、もうそれは本当に運ですね。

注釈:「SAKURA」 2006年3月リリースのいきものがかりのデビューシングル。NTT「DENPO115」NTT東日本エリアCMソング。

福井 なるほど。育成期間は不安でもあるし、今振り返っても苦しい時期であったと。そんななか、デビューシングルでタイアップが付き、注目を集めたわけですが、次の質問はこちらです。

──メジャーデビューって実際のところどんなことが起こりますか?(ビジネス・契約含めて)
水野 僕は神奈川の海老名・厚木というところの出身なんですが、デビュー前はラジオで曲が流れるといっても地元のFMヨコハマとかだったんですが、デビュー後は全国のラジオ局で曲がかかるようになりました。今は多様なインターネットメディアがありますけど、2006年当時はラジオ・テレビが中心で、そのメディアとの強い関係性をレコード会社や事務所が持っていて、その枠組みのなかで、いろんなメディアでの宣伝ができるようになるという変化が生まれたんです。

福井 ある朝起きたら、世界が変わっていたような?

水野 いや、そこまでは変わっていないですけど(笑)。一夜にして、みたいなことはアーティストによってはあるかもしれないですけど、僕らの場合はなくて、徐々にという感じでしたね。

福井 当然、マネージャーさんも付いていらしたんですよね。

水野 はい。現場マネージャーと「寝食を共にする」というのは誇張でもなんでもなくて。みなさん、メジャーアーティストの全国ツアーというと、新幹線や飛行機に乗って、いいホテルに泊まって、スタッフにケアされて、ということをイメージされると思うんですけど、そうなるまでにはすごい時間がかかるんです。最初は、ワゴン車1台に機材を乗せて、メンバーとマネージャーの数人で福岡まで十数時間かけて移動してライブをしたり、北海道に行くのも茨城県の大洗からフェリーに乗って苫小牧まで行くという。そういう日々を過ごすので、本当に寝食を共にするんですよ。デビューして3年くらいはそういう感じでした。学生の頃に抱いていた将来への不安は良くも悪くも消えていて「この道で食べていかないといけない」という覚悟のなかにいるので、むしろ楽しかったですね。

──CD不況、ライブ活況と言われる中、音楽ビジネスはどんな方向に進むと思いますか?
水野 音源をパッケージで売ることは、趣味文化以上のものにはならないというか、ビジネスとしては、もう無理だと思います。もちろん、音源におけるビジネスの可能性はずっとあって、サブスクリプションサービスのように定額で聴き放題というかたちが徐々に定着していくと思うんですよね。一方でこれまで、特に日本で顕著ですが、パッケージ商品はある一定の時期にしか消費されない商品になりがちだという構造がありました。いきものがかりを例にすると、1年間にシングルを5枚、アルバムを2枚出してという時期もあって、どんどん次の商品を出していかないと、みなさんに飽きられてしまうというか。物理的に店舗の棚の取り合いもありますし。そして商品を出したら、初週でどのくらいヒットしているか、ランキングはどうなのかといったことが重要で。スタンダード化してロングテールに入るごく稀な作品はのぞいて、ほとんどの作品は一瞬でムーブメントが過ぎてしまうので、活動を継続していくためには、とにかく球を打って、なるべく多くメディアの遡上に乗せて、商品が常に出ている状態をつくらないと少なくともビジネスとしては難しいというモデルになっていたんですね。
サブスクになるとどうなるかというと、ランキングを見ても分かるように、1年前にリリースされた曲や、場合によっては10年前、20年前にリリースされた曲が上位にあったりすると。そうなると、「今、売れなくてもいい」というか、むしろ「少しずつでも10年間売れ続けるほうがいい」と。つくる側からすると、今のムーブメントに合わせて曲をつくるのではなく、いいものを、ずっと長く愛されるものをつくるという方向性になって、ロングタームでどれだけ作品を受け入れてもらうかという考え方になっていくと思うんですね。

画像1

福井 なるほど。音楽ビジネス全体がライブにシフトしているということにもつながる話だと思うんですが、「どの曲の収入が多かったか」というランキングをJASRACが毎年発表しているですよね。それは、つまり、どれだけ人に聴かれたり歌われたりしたかということになるんですが、かつてだとCDが売れた曲が上位だったんですね。ところが、このところはカラオケで歌われた曲、カバーされた曲、「歌ってみた・踊ってみた」で使われた曲といった、人々が自分で歌いたくなるような曲が上位にくる傾向が強いと思うんですよ。一気に売れた曲よりも、じわじわ浸透して、みんなに歌われるような息の長いものが上位になるということにつながる気がしました。

注釈:JASRACが、使用料分配額が多かった上位3作品をカテゴリー別に毎年発表している。

水野 そうですね。そういう方向になっていくと思いますね。あと、ライブ活況と言われているんですけど、限界があるような気がしていて。ライブをやるのは人間じゃないですか。いきものがかりがライブツアーをやるとして、物理的に一日に10公演やることは不可能で。やれる本数、届けられる人数というものが限られているからこそ、希少価値が高まるんですが、人的資源を使わないと成り立たないというものはビジネスという面では限界があると思うんですよね。もちろん、ライブビューイングやVRなんかも増えてはいて、さらにそれらを拡張する技術も発達してきてはいるけれど、まだまだ難しい面もあって。音楽がビジネスとしてどうあるのがいいかを考えると、人的資源がなくても稼働できるようなもの、つまり音源といったものがすごく大事になるとは思うんですね。

福井 なるほど。ライブ活況には限界があるから、それ以外のところで、パッケージとしては売れないとしても、つくった曲をいかに広めていくかということが大事になるということですね。

水野 ライブに行ったことはあっても、10アーティスト以上のライブに行ったことがある人となると、かなりハードルは高いと思うんですよ。つまり、一般的なことではないということを認識しないといけないですよね。ライブ活況と夢のことのように言われてはいますが、かなりニッチな世界ですよね。

福井 先ほどVRのお話も出ましたが、3Dホログラムでのライブなんかはどうですか?

水野 どうでしょうね。やってみたいですけど…みなさん、楽しめるんでしょうか?

画像2

福井 では、学生に聞いてみましょうか。「3Dホログラムで、その場に実際にはアーティストはいないけれども、ライブがあったら行ってみたい」という人、どのくらいいますか?

(150名以上のうち、手を挙げた学生は数名)

福井 ああ、ほとんどいないか…。「やっぱり、その場にアーティスト本人がいることに魅力を感じる」という人は、どのくらいいますか?
(先ほどよりも挙手が増えて)

福井 うーん、やっぱりこっちか。

水野 その違いは何でしょうね?難しいですね。

福井 こういったライブ活況の時代でも、水野さんは音源の普及にも可能性を見出していると。ただ、かつてのように宣伝をしてCDを売ることとは違いますよね。

水野 はい。

福井 そうするとメジャーデビューは何の意味があるのかということで、次の2つの質問にいきますね。

──今の時代にメジャーデビューすることに何の得がありますか?
──仮にいま全くの新人だとしたら、どんなかたちで自分たちの音楽を世に広めようとしますか?
→大きなお金をかけなくても、DTMで全部できるってほんとですか?
→YouTubeにアップすれば、音楽は広がりますか?

水野 うーん、難しいですね。あくまで僕らがデビューした頃の状況で話をしますね。音源をつくる能力と照らし合わせて考えても、やっぱりメジャーレコード会社の力は必要でしたね。ひとつは、音源を制作するための資金は僕らにはなかった。商品として聴かれるようなCDというのは、1曲あたりにもけっこうな金額がかかっているんですね。これを何も成功していない個人がリスクを背負うのは難しいので、原盤権をレコード会社に持ってもらって、費用を負担してもらってつくる。これがすごく重要でした。もうひとつは、今のように個人が発信できるメディアが全然なかった時代なので、テレビやラジオといったメディアとのネットワークやプロモーションのシステムであったり、全国のCDショップとの流通網を持っているメジャーレコード会社や事務所の力を借りなければ、そもそも届けることができなかったんですね。でも、みなさんも予想していると思うんですけど、それらが必要ないんじゃないかという感じになってきましたよね。そもそもパッケージが売れないんだから商品にする必要がなくて、音源を聴いてもらえればいいんじゃないかと。そこにはショップとの関係性も不要で流通のコストもかからない。AppleやSpotifyといったプラットフォームとどう交渉するかというだけの話で。音源の方はDTM(デスクトップ・ミュージック)で、制作予算がだいぶ少なくてもかなりのクオリティでつくれますし、自分ひとりでつくれる人も大勢出てきている。そうすると予算もそれほど必要なくなって、権利を自分で持って自分で発信してという考えになる人が増えること自体は、すごく理解できるなと。

福井 メジャーデビューするということは、そのメジャーレコード会社などに自分の著作隣接権をあげることになるんですよね。権利をあげる代わりに宣伝をしてもらって大規模に売るということだったんですが、従来のように宣伝して大量に流通させる必要がない時代に、あえて権利をあげてまでメジャーデビューする必要があるのかと。AppleやSpotifyと交渉するためにメジャーレコード会社は必要ないじゃないかという考え方もある。

水野 考え方としてはあるんですが、実際に巨大プラットフォームと個人が交渉するのはかなり難しいと思いますね。現実的じゃない。あとは制作をする上で、セッションミュージシャンの方とつくっていく、いろんなプレーヤーの方と関係性を築いていくとなると、権利の問題だけではなく目には見えない信用の問題もあって。プロのミュージシャンに、誰だか素性の分からない人間が「俺の曲でギター弾いてくださいよ」って言っても絶対に弾いてもらえないわけですよ。プロのミュージシャンの方々はレコーディングしたもののギャラがもらえないなんてことになれば生活に関わりますし。そこに信用関係があるということはすごく大事なことなんですよね。

福井 分かります。組み上がったものの信用というのがあって、不自由で窮屈な面もあるかもしれないけど、それだけのノウハウや技術、プロの方たちのエネルギーがそこには注ぎ込まれている。

水野 そうですね。そこはとても大事ですよね。長い歴史のなかで培われた信用とノウハウというのは、なかなか目に見えないところですが重要です。

福井 なるほど。「YouTubeにアップすれば、音楽は広がりますか?」という質問は、水野さんからヒントをいただいて挙げたもののひとつなんですが、どう思われますか?

水野 インターネットで作品を上げたからといって、見ていただけるまではすごく遠いんですよね。「ネット上で作品を発表できるから、メディアの力を借りなくていいじゃないか」というほど甘くはないです。僕はTwitterをやっていて、フォロワーが約18万人いるんですけど、1回のツイートで平均して4〜5万人の方に見ていただいているんですね。例えば、僕が作品を出したことをツイートしたとしたら、すごく乱暴な言い方かもしれないですが、4〜5万人の方にチラシを渡しているようなもので。

福井 はいはい。

水野 けっこうな数ではあるんですが、そこから音源を買うといったアクションにつながるかというと全然つながらないんですよ。まだ何も知名度がない人が同じようにやってバズるかといったら、それはかなり難しいですよね。もちろん成功している人もいますが、そんなに簡単ではないです。

福井 継続も大事ですよね。1回バズるのと、一定のレベルでずっと発信を続けるのは全然違いますもんね。

水野 そうですね。

画像3

「いいものをつくる」、そして「そのいいものを守るために何が必要か」ということを、しっかり学んでほしい

──著作権で悩んだり苦労したことはありますか?(差しさわりのない範囲で)
水野 ここにいる学生のみなさんは福井先生の授業を受けて、一般の方よりは知識が増えるじゃないですか。これから芸術活動に関わる仕事をしていくと思うんですけど、そのときに権利の構造を知っていても、どうしようもないパワーバランスで話し合いが行われるといった瞬間が何度も訪れるんですね。通常の取り分の相場は何パーセントと知っていて、それをもとに「このくらいにしましょう」という主張をしても、跳ね返されて、それを飲まざるを得ないという状況がいくつも生まれてくる。

福井 そうですよね。

水野 アドバイスするとしたら、パワーバランスが強い人に向き合うときに「自分にとって何を大事にするかを決めておく」ということです。「これ以外はいいが、ここだけは譲りたくない」といったポイントを決めておかないと、社会に出て10個すべてが思い通りになることはないので「10個のうち、この2つだけは!」ということを決めておかないと難しいのではないかと。そこから何か成功を手にしていくと、2つが3つになり、やがて「思い通りにしたいんだ!」という調整ができるようにもなってくるので、強さをもってやっていく必要があるのかなと思いますね。

福井 現実と向き合って、妥協も必要だが、「自分にとって絶対に譲れない一線は何なんだ」ということを持っておくということは、契約交渉全般に通じることだと思いますね。

──他のアーティストへの楽曲提供やコラボの良い点、大変な点を教えてください
水野 いきものがかりで名前と顔を出してやるときは、自分たちでコントロールする、つまり、先ほど話した「何をいちばん大事にするか」を決めてやるんですけど、楽曲提供させてもらうときは、そのアーティストがやりたいことのお手伝いをするということが基本的な姿勢ですよね。「ファンのみなさんとの関係性をすごく大事にしたい」というアイドルの方だったり、「今までバラードを歌ってきたけど、アップテンポなものが歌ってみたい、自分の新しい一面を伝えたいんだ」という方だったり。大事にしていることがアーティストによって全然違うので、「ああ、そういう考え方もあるんだ」といった気づきがすごく多くあるんです。新鮮な気持ちで、自分ではなかなか動かさなかった筋肉を使って曲をつくるというような感覚で、本当に勉強になっています。

──「歌ってみた・踊ってみた」でユーザーが動画をアップすることをどう思いますか?
水野 ひとりでリコーダーでいきものがかりの曲を演奏している方がいて、すごいなと思ったことはありますね。僕はポジティブに捉えていますけどね。こういうのは難しい言い方をすると二次創作になるんですよね。

福井 ある種の、そうですね。

水野 いきものがかりだって、そもそもはゆずの二次創作みたいなものだと思うんですよ。僕たちが高校生のときに、路上ライブのムーブメントが日本全国に一気に広がって。山下とふたりで真似をして、ゆずの曲を歌っていました。そういうところからスタートしているので、二次創作のムーブメントを否定する気もないですし、「どうぞ、どうぞ」といった気持ちですね。

福井 曲を大きくいじってしまっても大丈夫?

水野 僕は大丈夫ですね。もちろん、アーティストによって考え方は違うと思うんですけど。スタートラインはどうであれ「やってみた、真似してみた」という文化から、いつの時代にも新しい人たちが生まれてきたと思うんですよね。

──チケットの買い占めや高額転売問題をどう思いますか?
水野 まずは、転売によって引き上げられたお金が、反社会的勢力に入っているのではないかという問題がありますよね。それから、転売を防ぐコストを、僕らアーティストサイドであったり、高い値段で買わなくてはならない消費者であったり、転売をしている人ではない他の人が背負わなければいけないという不合理性がありませんか?

福井 そうですよね。

水野 転売対策として本人IDの確認といったことをすることは、ファンの方にとっては手間がかかることで不利益だと思うんです。運営側はその不満を一手に受け止めなくてはならないわけですよね。反社会的勢力に対しても一社や個人で本気で向き合うということは不可能に近くて、もっと大きな組織で政治の力も借りながら対応していかないといけないと思うんです。やっぱり適正価格で多くの方に見ていただくことを守るのはすごく大事ですよね。

画像4

福井 転売問題の前に、買い占め問題がありますよね。買い占められているためにチケットが買えない。よって、どうしても行きたい場合は転売されているチケットを高額で買わなければならないと。それは「どちらかといえば、やむを得ない」と思う人はどのくらいいますか?

(数名の学生が挙手)

福井 ああ、やはり数名程度ですよね。さすがに水野さんの前では手を挙げにくいということもあるかと思いますが。

水野 そうですね(笑)。

福井 「高額転売は迷惑であり、やめてもらいたい」という人はどうですか?

(多数の学生が挙手)

福井 まあ、そうですよね。

水野 お客さんがやむを得ない事情でライブに行けなくなってしまった際の救済措置は必要だと思いますし、公式のリセールシステムをつくったほうがいいのではないかという主張もまったくその通りなんですが、そのコストを音楽業界で負担するということも大変なことですよね。

福井 公式のリセールの仕組みも、そう簡単ではないですからね。でも、やらなければならないことだとは思いますけども。

水野 そうですね。

福井 では、最後の質問になります。

画像5

──音楽分野で活動したい学生達に、今、この年齢でやっておくべきことをアドバイスするとしたら、何ですか?
水野 ちゃんと作品をつくることですね。2年前にもこの講義で話をさせてもらいましたけど、2年前と今で状況も変わりましたよね。みなさんが卒業して第一線で活躍するようになるときには、さらに状況は変わっているはずで。そのときに大事なことは「いいものをつくること」です。今後は、コンテンツと呼ばれる中身のほうが重要視される世の中になって、個人で信用と流通をできる時代になっていくと思うんですね。信用というのは、金銭のやり取りを個人間でできるということです。流通の面ではメディアやプラットフォームなど中間媒体があまり必要ない時代がやってきて、レコード会社や事務所に入ることがなくなって、どのプラットフォームで出すか、どのメディアで出すかが重要ではなくなる時代が、遠くない将来に来るだろうと。そのときに「内容がどうであるか」ということがすごく重要で。なので「いいものをつくる」、そして「そのいいものを守るために何が必要か」ということを、こういった福井先生の講義などでしっかり学び、自分の磨くべき技術にしっかりと向き合うということ。それが重要だと思います。

福井 「作品づくりこそ、今やっておくべきことである」という言葉を最後にいただきました。
ありがとうございます。では、最後に質疑応答に移りましょうか。

──これから活動する上でチャレンジしたいことはありますか?(女性)
水野 目の前にあることがチャレンジですからね。とにかく曲をつくりたいという思いが強くあって、ひとつでも多く作品を残したいですね。ひとつでも多く残すためには、いろいろな努力をしなくてはならなくて。常にそこに向き合っていますね。

──流通の形式であったり、音楽の質であったり、何でもいいんですが、今面白いなと思うアーティストはいますか?(男性)
水野 中村佳穂さんですね。お話して面白かったのは、作品は固定化されてずっと聴かれてほしいと思うのが普通なのかなと僕は思ってしまっていたんですが、彼女にはそういう概念がないというか。ライブでもリアルタイムでどんどん変わっていって「見てほしい作品は自分だ」といった趣旨のことをおっしゃるんですね。動的なものとして音楽を捉えているところが、今の時代に合っていると思いますね。

──音源だけはなく、ミュージックビデオがあることで何か違いは生まれますか?(女性)
水野 音楽を音楽だけで聴く機会のほうが実は少なくて、映像と一緒に見ているということが多いので、ミュージックビデオというのはすごく大事なツールになっています。映像とセットでひとつの作品として、みなさんが捉えている傾向が強いですよね。ただ、ミュージックビデオの制作は、音源以上に費用がかかりますし、なかなか難しいことだとは思いますね。

──いきものがかりのよっちゃんを離れて、水野良樹としてHIROBAで活動する際に、いきものがかりらしさについてはどう意識されていますか?(女性)
水野 いきものがかりらしさを引きずるということは考えていなくて…すごく難しいんですけど。いきものがかりという「箱」に参加していて、そこを離れると僕なんですね。HIROBAという「箱」があって、そこにいきものがかりを離れた僕が入ると。ただ、いきものがかりを離れた水野良樹として表現をしているわけではないんです。この説明が本当に難しいんですけど。HIROBAという「箱」にいる僕は「箱」のなかにいる人であって、それぞれの「箱」に応じて、自分が今やりたいと思っていることをやっていると。いきものがかりとHIROBAは、もちろん同じ人間がやっていることなので、どこかで連動はしていると思うんですけど、そこに強い連続性があるわけではないんですよね。でも、世の中の人はそうは思わない。「いきものがかりの水野良樹がソロで何かやっているんだな」と見られるので、そこを崩していかないといけないなと思っています。つくる側としては別個のものとしてやっています。

──今まで多くの作品をつくってこられて、いちばん思い入れの強い作品は何ですか?(女性)
水野 ああ、難しいですねぇ…「帰りたくなったよ」を挙げることは多いんですが。「さよならだよ、ミスター」という横山だいすけさんに提供した曲があるんですが、これは自分の息子に書いたような曲なので、そういう意味ではすごく思い入れがありますね。自分の思いが入った曲というのは、どうしても愛着が湧いてしまうものですね。

注釈:「帰りたくなったよ」 2008年4月リリースのいきものがかりの9thシングル。

注釈:「さよならだよ、ミスター」 映画「くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」主題歌となった、横山だいすけの1stシングル。水野良樹作詞作曲。2017年8月リリース。

福井 今日は、いきものがかりのリーダーでメインソングライターの水野良樹さんに、2度目の登壇をいただきました。みなさんのさまざまな活動にとって、きっと大きな糧になる時間だったと思います。水野さん、ありがとうございました。

水野 ありがとうございました。

(おわり)

Photo/Manabu Numata
Text/Go Tatsuwa
Hair & Make/Yumiko Sano

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式マガジンです。2019年春からスタートした水野の個人メディアHIROBA(http://hiroba.tokyo)の記事の他、水野良樹の公式SNSとしても機能します。HIROBAや水野個人の活動に興味をもって、ご支援してくださる方は、ぜひご購読ください。

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
ソングライター水野良樹が主宰するHIROBAの公式noteです。 『考えること、つながること、つくること』 その3つを豊かに楽しむための広場=HIROBAをつくっていく試みです。 定期購読マガジン『HIROBA公式マガジン』のご購読もよろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

HIROBA公式マガジン
HIROBA公式マガジン
  • ¥800 / 月

このnoteに掲載されるHIROBAの記事が全て読める公式マガジンです。このHIROBA公式noteでは約7割の記事はご購読せずとも、ご覧いただけます(ですが一定期間を過ぎると試し読み区間を狭くします)。3割はクローズドな限定記事です。HIROBAの活動、水野良樹の活動に、より強い興味をもって頂けた方は、ぜひご購読ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。